2018年7月6日金曜日

無料雑誌 メトロポリス


毎月刊行されるフリー雑誌のメトロポリス
に中野スケートシーンが特集されました。

表紙は萩原さん??おお!!

サウンドオブスピード!!森田さん!!

英文なので全部読むのに時間かかるのですが、大文字でアディダスSBの人が、、、



「スケートボード は反社会的、日本はルールを守るのが一般的なので、スケートは
目立つので隠れて滑る」的な、(合ってる??)が書いてありました。

そうなのですよね。それがスケートの定なのでしょう。
日本では多分永遠にスケートボードは道路で遊ぶ遊びのままなら認められ無い気が
します。
ルール違反ですから。大義名分はあちらにあります。

最近、正直一般的な生活をしている自分はいちいち回りの目を気にして遊ぶ
スケートボード遊びとの付き合いに疲れてきました。ゴルフ禁止と書かれた河川敷で
クラブを振る親父みたい。なんかカッコ良く見えなくなくなってきたきがします。
もっとスマートに遊びたいんですけどね〜。

せっかくオリンピック正式種目になりましたが、スケートを取り巻く環境は悪化の
一途を辿っている気がします。

人が集まると色々と面倒も集まるのでしょうね。出る杭は打たれる日本。

スケートボード 、、面白い、、大好きです、、、だから厄介です。

それでは、、

0 件のコメント:

コメントを投稿