2018年10月30日火曜日

プリモフリーコースターセッティング出し

自分のBMXのリヤハブはプリモのフリーコースター、FREEMIXのプロモデルの
フィーメールナットの奴を使っているのですが。コイツが厄介でしてセッテイング
出しても一月以内に緩んでしまいます。






まずかっこいいと思っていたフィーメールナットのプロモデルでしたが、


フィーメール、穴のの空いたアクスルシャフトにボルトを差し込むモデル。

シャフトにナットで締める。穴は六角がはまるよう切ってある

アクスルシャフトを抑えられないので外すときも外れずらく、
また組み付けるときも微妙に閉まりきりずら位です。

整備してフレームに組み付けて外のボルトでフレームに締め込むと微妙に緩むのか、
一日乗ると遊びが大きくなる事が頻繁に起きます。

プロモデルという名が付いているので、毎日誰か整備してくれる人が居て、乗るたんび
に調整してくれれば問題ないのでしょうが、素人である程度乗りっぱなしの自分なんか
は完全にチョイスを間違えたと思います。

シャフトをレンチでしっかり抑えられる普通のシャフトモデルにすればよかった、、、

でも裏技を発見しました。自分のハブは緩みやすいのはコグと反対側の玉押しナットで、
それを完全に締めるには、整備終わってハブの組み立ては完成してフレームに
組み付ける時。ホイールをフレームに仮組みして先にコグ側のナット締めて
おいて、その状態で反対側の玉押しを兼ねたナットを締め込む。
これであと半周ぐらい締め込めます。
その後チェーン長を合わせして固定。

この方法で2日乗りましたが、今のところ緩む気配もありません。
多分成功かも。
これでダメならもうアクスルシャフトをノーマルのやつに買い換えます。
シャフトの真ん中に六角が刺せる


でも5000円ぐらいするんですよね〜。高いな〜。家にある普通のカセットに
戻しますかね。

それでゃ、、、、





0 件のコメント:

コメントを投稿