2017年12月15日金曜日

スケートボード 手持ちのトラックを比較してみました

新しいトラックを手に入れて、果たしてどんな差があるのか目視で比べてみました。

新しく手に入れたのはサンダーというメーカーのものです。
 サンダーの最新のチームモデル。詳しくはもう一つのブログで、、



手持ちのトラックの中でよく使う3社のモデルで比較してみます。
まずは今まで使っていたインディーのコストンモデル。キングピン、アクセルともホローモデルでして、ちょっと前の軽いと言われたモデルです。
それと今回手に入れたサンダーチームティタニウムライト。


左がサンダー、右がインディーです。
インディーの方がハンガーが寝てますね。キングピンの角度は同じぐらいです。

次は左がまたサンダーで右がヴェンチャーです。


今度はヴェンチャーの方が立っていて、サンダーの方が寝てますね。
これもキングピンは同じぐらいの感じですね。

ベースの位置はサンダーがどちらも下がってますね。でもビスの位置から見ると
ヴェンチャーが一番立っているので板につけると一番外側に行きますね。
なのでウイールベースが長くなるはずです。
でインディーが一番短くなるはずです。
車で考えれば、ホイールベースが長ければ緩慢で安定志向になりますから、
ヴェンチャー→サンダー→インディーとクイックさが増すはずです。

しかし、バイクで考えるとフォークの角度で寝ている方が緩慢で安定する方向で立っている方がクイックになります。
 それで見ると、
インディー→サンダー→ヴェンチャーという順で角度が立って行っているのでクイックなっていく順番ですね。

う〜〜ん????どっちなんでしょう???こうやって目視だけでは全くわりません。ww

しかしながら唯一分かっているのが、サンダーがどちらも真ん中ということなので、クイックすぎず緩慢すぎない中間なトラックには間違い無いでしょう!!!(そう信じましょう!!w)
 重さも一番軽いです。さすがチタンアクセル!!
なので軽くてクセのないナチュラルなトラックと言って間違い無いでしょう!w

もう一つみてほしい点はトラックベースの高さです。
今回のトラックを新調した理由はこれです。1mm高くなるトラック。
これでウィールバイトが軽減するそうです。しかしキックできるのでしょうかね〜??
最近絶不調の蹴り。膝が治ってきたのに膝が痛かった時の感覚が抜けず、蹴りと擦りのバランスが崩れている今、この1ミリがもっと事を悪くするのか、それとも、、?

まあ週末に組んで実際に乗ってみてからですね。感想は!!

それでは、、スケートボードトラックの見た目の比較でした。

今気づいたのですが、、、、ウチに来たこのトラック本物??
ホームページでは、ティームモデルのベースプレートにはチーム(TEAM)のレリーフが付いています。





でもウチに来たのは、



イナズマレリーフ、、
でも裏を見ると、、チームベースプレートとなっていて。同じ裏になってます。

通常のイナズマプレートは
 裏がハニカムデザイン。
う〜〜ん???チームモデルの市販モデルはこうなったのでしょうかね?
本物のチームスケーターのみチームレリーフなのでしょうか??
まあイナズマ好きなのでこれでいいんですけどね。www

詳しい人に聞いてみたいです。

それでは、、、今度は本当に、、、w

0 件のコメント:

コメントを投稿