2017年10月12日木曜日

再販される古い音楽の考察

よくいろんなところでこれいいよねと聞かされた音楽が自分的には古い音楽からのインスパイアだったり
そのままだったりします。
時代時代にそれぞれ音楽がありそれぞれ素晴らしい音楽だった事は確かですね。
また時代が過ぎ埋もれて消えてしまった音楽も数多くあると思います。

当時は流行らなかったけど、いま聞くといいなんていうのもよく聞く話ですね。
時代を先取りしていたけど今いい音楽じゃないの、なんてのもよく言われますね。

しかしながら、全て鵜呑みにする事はできないなって事もあります。
埋もれた音楽の多くは残念ながら聞くに値しなかったから消えたという音楽も含まれます。
また時代を先取りしていたのではなく、今 流行が一回りして当時時代誰にも理解されず売れなかった
音楽に回り回って食い付いたって事になったものもあります。
またリリースするのが遅いってのもありますね。

自分は全ての音楽に精通して聞いていたわけではないので、極地的な話しですが
BLACKミュージックのダンス部門はかなり好きなので、そこでの話しで、、

まずこの曲を聞いて下さい。




1978年のCHICのヒット曲 I want your loveです。ナイルロジャースのカッティングギターも健在のディスコでは大ヒット曲です。ディスコはまだステップ全盛でみんなでステップ踏むのが楽しい一曲でした。

そして次に1981のVan Jonesの Not about thatです。レアもので最近再販された様です。聞いてみて下さい。



乗りのいいブギーですね。どこかシックに近い部分もある曲ですね。


しかし、何故悪くない曲なのにレアなんでしょうか、、?

思うにですが、、
まず発売年を見て下さい。1981年。上のシックから3年が経っています。ココがポイントではないでしょうか。
1981年のヒット曲を思いだしてみましょう。

邦楽では昭和56年ですから寺尾聡、近藤真彦、松山千春、松田聖子などなどですね。今30代の人は憶えてないかもですが、それ以上のひとは思い出の曲がある年代ではないでしょうか。

洋楽ではオリビアニュートンジョンのフィジアルやクインシージョーンズの愛のコリーダ、アースのレッツグーブ、ダリル&オーツのプライベートアイズなどなどあります。

どの曲も時代を象徴するメロディー、雰囲気を持ってますね。
その時代の新しい音楽が時代を象徴する感じと思えます。キャッチーなメロディーがその時代の音楽を聴く世代の人間の琴線に触れることが大事ではないでしょうか。
それが全く理解できない曲ははじかれ、また古くさいのもはじかれ、新しく耳に残る曲でだれでも理解ができる音楽が好まれ買われ聞かれているのではないでしょうか。

シックの曲は78年にヒット、特にディスコヒットだったでしょうけど、
日本ではこの頃ディスコはまだ発展期でまだまだディスコ乱立時代が始まったあたりで、ディスコはまだ誰しもが行く場所になりきれてないギリ頃でこのシックの曲は東京の街で一般的にはあまり聞かれなかった曲だと思います。
しかしその後のディスコ成熟期にシックのもっと有名な曲レ フリークとともにディスコブームの流れで79〜81年当時も、そして現代でも踊り場で必ずかかる一曲、求められる一曲になっていきました。

そこでもう一曲バンジョーンズの曲は同じ手法で作られた曲でいい感じのリズム、基準通りの流れ、全く悪くない曲ですが、出した時期をもう一度確認しますと81年です。

81年の辺りではシックのI want,,,などはヒットしてからもう数年経っています。毎日通うディスコフリークは毎日何度も同じような曲を聞き続けて、常に新しい次の曲を探している時に嫌いじゃないけど既に耳タコの雰囲気の曲になってきているころです。ん〜今の気分はこれじゃないな〜なっていたんのではないでしょうか。

事実この時代ディスコミュージックは黒い音楽から離れてディスコロックテイスト、ちまたではユーロビートとかテクノとか早いリズムでスイングしたりタテノリに近い音楽が流行ってゴリゴリのディスコミュージックの新曲はあまり目立たない存在になっていました。

では黒い音楽はどこに行ったのかと言うとディスコからラップやニュージャックスイングに移行しつついて、もう少しで(まだ発売されてませんが)MCハマーやボビーブラウン辺りが出てくるそのちょい前でした。

81年の頃すでに多くのディスコソングがありましたが、また自分的ですが80年に度肝を抜かれたZAPPというバンドのMore bounce to the ounceというビッグヒット曲からの流れのロジャートラウトマンの Do it rogerが出てP Funkグリグリオンパレード時代でした。
世の中も多分ですが流れの良い綺麗目な既存のディスコソングからグリグリのPfunkが求められ出していたと思っています。
というのも当時最新ミュージックだったラップミュージックもリリースが相次ぎ、その中にゴリゴリのPFunkネタが多くサンプリングされていたからだとも思います。

元に話を戻します。
なのでバンジョーンズの様なディスコソングは既に81年のリリース時には流行遅れのイメージの曲だったのではないでしょうか。悪くはない曲ですが、もっとキャッチーな部分があれば、、、またはもうちょっと前にリリースされていればよかった様な気がします。

例えば、81年超ヒット曲 Change の Pradise を聞いてみてください。イントロだけでも良いです。



一発目のベースで踊り疲れた連中もみんな飛び出してきます。
このキャッチーさがあるから売れて、今もまだ売れ続けている曲ではないでしょうか。

そしてこのキャッチーさが無い曲は悲しいかな消えて行く運命でしか無いのです。ディスコソングに限らず一発目の音がグッとくる曲だったり、サビの部分がグッとくる曲だったり、そのグッとくる部分が絶対に必要だと思うのです。


色々とレアなレコードの再発などありますが、気をつけて追っかけていかないと。当時曲が良くなくて売れなかったり、時代遅れだったから売れなかったりして
レアになった音楽も含まれています。
20年くらい前は再発がブームになっていた様ですが、70年代まで日本は貧乏な国で子供逹がおこずかいでLPなんて簡単に買えない時代でしたから60〜70年代を子供として過ごした世代が大人買いとして当時欲しかったレコードを買い始め、ならばそこに商機を見つけた人が再販を始めたのが実際の機運だったのではないでしょうか。
あれから20年再販のネタもそろそろ尽きてきて最後レア物(曲がイマイチ)がリリースされ出しいます。
決して悪くないです。コレクターアイテムとしては最高です。
でも、、、再販物はあまり価値はない気がします。
曲を聴きたいならネットでデーターを買った方がいいと思います。そこで聞いて気に入ったならオリジナルを探しましょう。

当時を知らない年代の人は思わぬものを摑まされます。それはそれでまたそこから面白い事が生まれるのも事実ですが、自分が思うに売れなかった曲に価値はあまりない気がします。
なぜこの曲はレアになったのかよく考えた上で手に入れましょう。

バンジョーンズの曲はこうして書きながら聞いていて、悪くないな〜と思う様になりましたが、、イマイチキャッチーな部分が無いな〜ちょっと物足りないな〜。他人にこれ聞いてみてとかける気はまだちょっとない気がします。
実は随分前からデーターでiTunesには入っています。でもあまり聴きませんでした。
なので今回の再販ものは買わないかもですね。
これを機会に何度も全曲聞いて見ますかね。
もしかしたら、気に入って再販買わないと!!ってなるかもですね。w

色々とケチをつけて曲をけなしているのに、来年あたり最高じゃないこの曲!!再販最高!!なんて言い出すかもです。
なのでここに書かれたことはあまり信じないでください。
何しろ自分超適当男ですから!!www


もっと深く掘り下げたい題材ですが、長いのでこの辺で、、、、、

それでは。。。




2017年10月11日水曜日

LA - NY

旅の始まり
 
LA


旅の終わり

NY


なんてね、、

この旅仕様に変更した理由はこの週末に行われるレース観戦でした。
去年から計画し、チケットを入手、駐輪場もベストな場所を入手、そしてバイクも完成。
しかし人生上手く行かないことも多いですね。
家庭の事情でこの旅行自体キャンセルになりそうです。
遊びと家庭を天秤にかけられません。
旅はLAからNYまでの5000kmで満足するしかなくなりました。
本当は500mですけど、、、w

それでは、、、、、

2017年10月8日日曜日

Long live the DYNA !!

今月号のUS HOTBIKEに遂にDYNA IS DEAD という記事がありました。





分かってはいましたが、こう書かれると長年ダイナを乗り続けていますので、
何か寂しい感覚があります。



 
今までのダイナファミリーの紹介など書かれてますが、結局何故無くなってしまったかは分かって無いのか書かれて無いようです。

思うに時代の流れなのでしょう。スイングアームまでのラバマンによる車体の揺れなどいくらやっても納得できるレベルまでは行かなかったのかもしれません。自分は全く気になりませんでしたが、リジットマウントから乗り換えると違和感があるみたいですね。

なので走りに振るためにはリヤのスイングアームの取り付け方法や時代遅れの2本サスなどの変更で、モノサスでソフテイルスタイルに行き着いたのでしょう。
しかし自分はその時代遅れが好きで23年前に手に入れて、今まだ好きなので、なんか自分がまた自分のダイナがハーレーから否定された感じは否めません。

しかしながら他のダイナオーナー達分かりませんが、自分は本社からまた世の中から否定されても諦めないつもりです。FXショベル系しかりFXR系しかり、世の中から消えかけからの復活を見て来ていますから。
2018から古いと刻印されたダイナも一時は地に堕ちるでしょう。しかしまた何かの形になって復活してくると信じています。
それまで自分は生きて居るかは分かりませんが、自分のダイナは息子に代替わりしても生きていくでしょう。
雑誌の記事の最後にも、未来にまだ見たことない形となって姿を見せるでしょうとしめくくってます。
期待していましょう。

それでは、、、

2017年10月5日木曜日

旅仕度 最終 番外編

旅支度は終わりましたが取り付けたパーツの微調節を色々しました。

1、カウルのネジ取り付けの不具合

2、バックの左右の高さ調節

3、バック取り付け器具にあるカギの不具合

4、シールドの歪みによる視界不良の改善

など微々たる事ですが、乗りながら試行錯誤して調節いたしました。

1、

 カウル自体のネジはしっかりとしているのですが、シールドのネジがイマイチでした。

なので交換してしっかりととまるようにしました。ここいらがパチものの欠点ですが今回はネジさえ交換すればいいという簡単な事でした。

格安パチもんカウルですがやばいくらい気に入ってます。w

2、


バックの左右の高さ調節。

このTスポーツバックはあらかじめバックサポートが装着されているのではなく、自分でサポートを取り付けるタイプでした。だいたい位置決めして穴開けて取り付ければいいのですが、実際つけて見ると微妙に左右のバックの位置が違って しまいました。

結論から言いますと、このバック左右の大きさが違っていました。さすがアメリカンというかこれぞアメリカン!!w

なので数値で計って付けてもうまくいかず現物合わせで行きましたが、2度失敗(2度目まで数値でどおにかしようと思ってました)し3度目でどうにか同じ位置についている様に見える感じまでもっていけました。なので場所に因っては3個目の穴が空いてしまいました!!w

3、


バックサポートに付属するこの鍵がくせ者でした。最初から引っかかって回らない、鍵が穴に入らないなど調子が最初から悪かったです。


なので分解し原因を調べました。


この→のある場所にあるパーツの切り口などの不揃いから中に鍵が入らない、入っても飛び出して鍵が回らないと分りました。


これがそのパーツです。これをコチョコチョ削って滑らかにしてみましたら調子がよくなりました。たぶんかなりチープなので他の国製でしょうけど。結果チープなのでいじれたのでしょう。w

そして最後の4、

シールドの歪みで視界不良ですが、


当初メーターの移設を考えていましたが、どうも上手く付く方法がみつかりません。

いずれ見つけようと思いますが、今回はこのまま慣れる方にします。昨日一日都内を回っていてかなり慣れてきてもう普段通りに走らせられます。元々このミッキーメーターなんてかなり視界を遮る場所で慣れているので、1時間程度でもうなにも気にせず乗れる様になったので当分このままで行こうと思います。

これで旅支度は完成となりました。



後は当日の天気ですね。晴れて欲しいものです。。

それでは、、、、

2017年10月2日月曜日

旅支度 7 FXDXTレプリカカウル装着

一応今回の旅支度は完成はしたのですが、少しばかり細かい所も書いておこうと思ってましたので、まず大きな所でカウル装着に関して。

今回の旅支度では当初カウル交換は考えていませんでした。バックと背もたれ装着だけが最初の計画でした。

バックなどは国内で購入するとかなり高額となるので最初からアメリカから個人輸入を計画していまして、ネットで色々と物色して居る途中にオリジナルFXDXTカウルソックリのメイドインチャイナのパチモンカウルを見つけました。なにしろ価格が半額どころじゃなくて2割程度!!でちゃんと装着用サポートも付属!!

結構迷いました〜!!ちゃんと付くのか?物はどうなのか?安物買いの銭失いとなる要素はたんまりありましたがもう乗りかかった舟です、沈むなら沈んでやろう!とポチッ!としちゃいました。
しかし届いてビックリ!ネスのカウルより数段剛性も高そうな樹脂のうえ、色も綺麗。また装着用付属品も全くぬかりのないレベルでした。
もちろん形がソックリってだけで純正に付いている様な機能(スクリーンチルト機構)などはありませんでしたしメッキ部分もなく締まりが無い感じとも言えるものでしたがこの価格なら全く文句はありませんね。

さて、実際に装着します。



まず、ダイナ系のトップマウントランプは使えません。
ボトムマウント系に交換です。
しかし穴が無いので自分で開けようかと思いましたが、ツリーを外さないと綺麗には開かなそうなのでそこはプロに任せました。



そしてボトムランプマウントボルトに装着用下部プレートを装着。
そしてハンドルライザーマウントの下に上部プレートを装着。



そしてそれを挟むように左右のサイドプレートを装着。



そしてそのマウントにカウルを装着。



超簡単でした。ただネジは先ず全部付けるまで仮締めで行い、基準になるライトをカウルに収めて全体の位置を決めてから本締めを行なった方が良いと思います。

実際取り付けてみて、無問題で装着できたのでビックリです。ネスのカウルの時は装着のサポートを作ったりバランスを考えて色々カウル自体を整形しなければなりませんでした。それに比べて今回はすんなり付きましたしバランスもバッチリ!かなりしっかりした素材で近場走ってみてビビリなどは皆無でした。チャイナパチともう馬鹿に出来ませんね。w

しかしながら気になるというか、自分のバイクとの相性というか、追加改造も必要な部分が乗ってみてでてきました。

分かりますでしょうか?ココ↓↓



スクリーン上部が風巻き込み防止で曲がっているのですが、自分のメーターで視線の下の方が遮られて、斜め下を見るとちょうど曲がった部分になって物が歪んでしまいます。
擦り抜けなどで縁石などを見ようと視線を下げると歪むので超あぶない!!!

ミッキーメーターが丁度その当たりを塞いで邪魔するのでメーターを下げないといけません。スクリーン自体は他の部分に歪みは無いので、メーターの方を移転しなければならなそうです。ただ純正のスクリーンや社外でもこの巻き込み防止用の曲げのない
タイプのスクリーンもあるので、おいおいそちらを手にいれてメーターはまたこの位置に
戻そうとも考えてます。 色も普段はスモークにしようと思ってますのでこの問題それで解決すると思います。

なのでまだ完全完成ではありませんが、一応取り付けは完成しけっこう気に入っています。予定外のカウル交換でしたが、結果は大満足でした。

それでは、、、、

2017年10月1日日曜日

旅支度 ほぼ完成

ここ数ヶ月かけてバイク改造、と言ってもほぼノーマルに戻して行くという改造をほぼ完成致しました。
まだ色々微調整をする部分が有りますが一応完成です。

こないだまではこのスタイルでした。
そして今こうなりました。普通のFXDXTレプリカです。

これが

こうなりました

ガソリンタンクが大きくなり、リアシートがフカフカになり、荷物が積めるようなりました。
ノーマルに戻すのは簡単なのですが、素人でガレージを持たない自分にとっては大仕事でした。なにしろ元々のパーツが実家の倉庫や作業場や家に点在してしまっていましたので、小さなビスを集めてあった袋など記憶を遡りあっちこっち探したりと結構大変でした。そして時間制約のある炎天下での作業も決して楽ではありませんでしたし、思わぬ伏兵の作業(火を噴くw)などあり、今年初め辺りから計画を立てて旅に出る10月中旬に向けて実行した今回の旅支度が遂に完成に至りました。
細かい話はまだ沢山ありますが、それはまたおいおい書いていこうかと思っています。同じ車体95年ダイナスーパーグライドを持つ人や買おうかと思っている人の何かカスタムヒントになればいいなと思ってます。
それでは、、また

2017年9月30日土曜日

APPお試し

新しい別のアプリのお試し投稿です。

でけた!このアプリではちゃんと写真があげられるようです。
ヨカッたー、。
それでは