2016年1月31日日曜日

90s HIPHOPの歴史をビジュアル化

面白いな〜 すごいな〜プログラミングできるって楽しいだろうな。
90年代からのHipHopの歴史をグラフでビジュアル化して流れを教えてくれるいいサイトがありました。またFind artist に知りたいアーティストを入れるとチャートをグラフ化、勉強になります
http://poly-graph.co/hiphop/
http://poly-graph.co/hiphop/



下北 天狗祭り 節分豆まきがかわいくてたまらん!ってはなしです。

本日用事で下北に、節分豆まきをしているのでちょっと動画を撮って来ました。
商店会のオニーちゃん達が鬼に扮してそれを子供達が豆で退治するという超オーソドックな催し。鬼が出て来ると戦う子逃げる子泣きわめく子色々いて観ていて超楽しいです。
あ〜子供ってかわいいな〜。早く孫の顔が見たくてたまらなくなりました。


2016年1月24日日曜日

スターウオーズ観にいったんですよ〜


個人的感想なので好き勝手に言いますので気にする方は読まないでください。
(観てすぐにここに気になった事を当初この後ガンガンと好き勝手にここに書きました。しかし数日 経ち冷静になって、あまりにも個人的見解を書き連ねてもこれを読んだ方の気分を害するだけに感じ、内容を削除しました。)
 。
この映画は昔からのファンへというより今からファンになる人達へのメッセージなのでしょう。
40年前映画館で「新たなる希望」を観た人たちには物足りない映画は事実だと思います。しかし、「ファントムメナス」からのファンには楽しめる内容だと思います。
事実うちのチビ(21歳)はすごい楽しんだようですので、この映画はこの映画で良いのでしょう。
ただ、もう今度のこの3部作はDVDになってから観ようと思います。今家にあるテレビは昔と違い大型になっている現代は50インチ以上のテレビが家にあるなら逆に映画館より楽しめるかもしれませんね。家のテレビでポップコーン山ほど焼いて、がやがやわいわいと家族や友人と観るのにちょうどいい映像だと思います。
自分的ににはちょっと悲しい事ですが、この映画製作者達の意思と自分の希望が違っていたようです。

それでは、、、

2016年1月23日土曜日

HipHop Movie 考察

最近ちょっとヒップホップ系のムービーを立て続けに観て、そういやどういう流れで観るとより面白いのかな?と考えてみました。
内容はともかく、今まで観た映画を順序よく並べたらと思って、並べてみました。個人的でマニアではないので足りないしおかしいと言う人も居るかと思いますが、これは個人的に書いてみているのでご了承下さい。

やっぱり最初はWILDSTYLEかなと思ったのですが、、、
一番最初はワンダラーズからですかね。全然HipHopじゃないじゃんと思われますが、アメリカの若者のカルチャーを60年代から観て行くといいかと、まだ観ていない人はまず観てはいかがでしょうか。


まだまだ60〜70sの映画はありますが、アメリカングラフティー、ウエストサイド物語や、バニシングポイント、ウッドストックムービー、ワッツスタックスなど重要な映画は沢山ありますが、本題と離れて行く感じなのでそこらははしょって(面白いのが思いだせればまた追記します)。

次は70s中期のNYを題材にしたウォーリアーズはどうでしょう。この映画でラジオDJがキーパーソンになっています。当時ラジオがどれだけ力があったか窺い知れますね。


そしてこのウォーリアーズの元となるドキュメンタリーも最近作られました。(Netflixで配信中です。初期一ヶ月無料の時みましょう!w)
ストリートギャングの収入源のドラックディールのテリトリーを拡張しようするグループから、友好的に勢力を伸ばそうとするグループなど様々な様子が出て来ますが、音楽を手法にと言うグループがありそれが公園などでブロックパーティーを催すところからHipHopに繋がる大きな流れが生まれたと思われます。
 このムービーにはNYブロンクスで当時力があったアフリカバンバータが出て来ます。

さて次は80s初期のワイルドスタイルですかね。大きなうねりとなったHipHopやグラフティーの初期がかいま見れます。そして本人達がそのまま演者でもあるのが魅力です。


 去年リバイバル上映されたので観た人も多いのでは。 これは絶対観た方が良いですね。作られたのが82年になっていますが、つい最近まで日本でビデオDVD発売されてないので、観てない人多かったとおもいます。実は当時海賊版で字幕入りが出回りました。それでそれをダビングした海賊版の海賊版は今も持ってます。でもまるで裏ビデオのようなこ擦れ具合でしたね。w  この映画の存在は日本でも83〜4年位には知られていて当時どんなに観たかったかしれませんでした。なにしろグランドマスターフラッシュが映像で動いてスクラッチするなんてよだれモンの映像満載でしたからね。こすれた非道い画像でも自分のお宝でもありました。
この映画は映画でもありドキュメンタリーでもありますね。大事な映画です是非観てみてください。
これと同時期にStyle Warsというのもありますね。

これはグラフティーを中心に捉えた映画ですので、そちらも大好きと言う人は是非。

さて次は、、、ビートストリートですかね〜。多分、、、


 これはワイルドスタイルからちょっとしか経ってない感じの同時代ですが、ちゃんとした映画会社が作った感じです。これも多くの本物が出ています。ロックッスタディクルーやメリーメル&フィリアスファイブなどそうそうたるメンバーで、ストーリーは正直ワイルドスタイルとちょっとかぶる感じですが、これも必見です。ブレイクダンスシーンはこっちの方が面白いです。
そして同時期にもっと大きな映画会社によって作られた邦題ブレイクダンス、同時代のフラッシュダンスからもろ影響受けている感じの題ですね。w 英題はブレイキンですがそちでもよかったのでは?って思えますね。


もう内容はダサイの一言!でもダンサーのターボのクラフトワークをバックに踊るダンスや有名なダンサーが出て来るダンス好きには必見ですね。ラッパー中心ではないので、
 ラップだけ好きな人は飛ばしてもいいかもです。 w 

で、、ラップ好きにはこちら、翌年(日本では同時期)に来たクラッシュグルーブはどうでしょう。



Run DMC Fat boys カーティスブロウ シーラEなどが主演でみんな演技もうまく、ちゃんと映画になっています。これはラッパーがメジャーに上がって行く内容を描いた物ですが、80年代っぽくかなり中途半端ですが、この時代はこれで十分最高でした。必見というより流れで押さえておきましょう。

ここからちょっとの間ラップ映画は消えてしまったように思えます。ラップも細分化されて今までパーティーミュージックとしてディスコでクラブでパーティーでかかっていたのが、それぞれに進化して行った感じでしょうね。ディスコやヒットチャートではニュージャックスイングが猛威をふるってましたね。公園でのイリーガルなパーティーもできなくなってきたのかもですね〜。 
 それにこの時期から黒人の地位向上もかなり進み、貧乏な世界観を売りにするのがおかしくなってきたのかもしれませんね。
この辺りから生活感が急によくなってきますね。場所もブロンクスなどの地域から、ちょっとおしゃれな市街地に移ってきて、全うな高校生がラップで高校生活をエンジョイするって感じのKid`n Playのハウスパーティーなんてどうでしょう。これはシリーズ3作品作られた人気作品になりましたね。

 

そしてロスなどでカラー達、ブラウン、ブラック、イエロー人種などの抗争が激化していく中での人種抗争に目を向けたて作られたのが、カラーズとうショーンペン主役の映画です。


これは日本でも大ヒットしたので観た人も多いでしょう。ここらでHipHopの新しい流れが使われてていますね。挿入歌はほとんどHipHopですがLA寄りですね。
これはラッパーの話しではなくギャングの話しですが、時代を知る上で重要な映画ですね。必見です。
さて80年代終わり近づき、大事な映画が作られますね。スパイクリー監督のDo the right thing。


パブリックエネミーのFight the Powerが随所で炸裂する人種問題を逆に黒人から突きつけて来る問題作です。人種は地位が向上すると逆人種差別が起るって教えてくれてますね。どの人種も平等でないといけないんですね。そういう風に自分はこの映画を捉えました。

ここらから先90年代初頭〜はちょっと音楽をじぶんが気にしていなかった時期に入るので詳しい事はわかりません。ラッパーが出ているのは沢山あるので、ただメジャーで日本に流れて来る映画で知っているのだけご紹介します。


白人ラッパーのヴァニラアイス主演の映画クールアズアイス、実はバイク好きなおれは大好きな映画です。

そしてここで観るべき映画は去年の年末に封切りの、Strait outta comptonですね。


 90年代初頭のロスアンジェルスのHIPHOPの流れがみてとれます。
そして





アイスキューブのボーイズンザフッド、ICE Tのnew jack city、2pacのjuiceですかね。

ときて、










と一気にデスロウ問題を観てはいかがでしょう。

これの次は色々ありそうですけど、最近観た、ビーツ、ライムズ&ライフ


nasのtime is illmatic




と観て(この2本は今Netflixで観られるのでこれも無料期間で是非!)

最後に総集として、ART OF RAP


 この流れで観るのはいかがでしょうか、、

途中から内容やその他付随する記述を省略しましたが、実はラップの事(アメリカネイティブじゃなく、中学英語程度の語学力なので80%言っている事はわかりませんから)よく知らないのに私が書いてもしょうがないしマニアじゃないので上手く書けないというので書くのを止めました。ただこの流れで1990年代までラップの動向がかいま見れる気がしまるので、是非お試し下さい。


2016年1月20日水曜日

ブリのピストのブレーキレバー交換

もう8年位前に組んでそのままだったブリピストをカスタマイズしました。

ブレーキはシュパーブプロを使っているのですが、レバーは当時の時流にのっとってショートレバーを使っていました。



しかし最近ロードを持ち出してピストの出番が減り、作業場に転がっているのを眺めていますと、このスタイルももう古いし飽きたので、元々の競輪選手のロードピストスタイルに変更しようとかんがえました。そこでこのピストを最初に組み付ける用のパーツとして持っていましたが、出番がなかった同じくシュパーブプロのレバーを付けることにしました。


鉄ハンのままで、バーテープを巻かない仕様なので、ワイヤーはハンドルの中を通す仕様にしました!!




これですっきり!


ブレーキワイヤーのアウターが足りないので作業はここまで。かなりかっこいいなこれ!
と、自己満の世界に久々に浸り眺めています。春になったらこいつを出そうと思います。

自転車遊びはちっぽけなパーツを一個変えただけでも楽しめるチープな世界のはずですが、大きなチェーン店に遊びに行くと何十万または百万以上もするチャリが並んでいて、これで、どうするんでしょうかね〜?って思っちゃます。
もちろんプロ、セミプロや本気でレースで入賞を目指すならいいのですが。すごく高いチャリ買っても街乗り程度じゃ、エンジンがすごい違わない限りそんな違いないでしょうに、って思えてしょうがありません。
sk8 BMXも上手い人は安い物でもガンガントリックきめれますよね〜。
まあ貧乏人のひがみでだと自分でも分かってます。
男の趣味で道具を揃えて遊ぶってのもありますね。街乗りでフェラーリ乗っているのと同じですね。買えるから買うだけで家族で移動は他にも車あるからって人いますからね。自分もチャリは用途で使い分けるほど持ってますが、どれも古い!し安い!www 沢山車持っているが全部中古車ってやつですね。あはは!!
自分は自転車には金かけない主義です!ってここでは書けても、はたから見ればただのルーザーです。
それでは、、、

2016年1月19日火曜日

SK8 TRIP

新年一発目の投稿です。去年はほんと怪我にやられました。今年こそ少しはましになればと思っていますので、お付き合い宜しくお願い致します。

先日久々に、ほんと久々にローカルの紹介のスポットにスケートトリップして来ました!!
カメラを車に忘れてほとんど撮れなかったので、サウンドクリエーターでラッパーのパノラマファミリーのゴメス君の写真を拝借いたしました。
良い写真です!旅の思い出になる写真ありがとうございました。








膝がこの日は完全にダメになっていたうえにサポーターも車に忘れていたので、ほとんど滑れませんでしたが、それでもいつもと違うスポットに遊びに行くのは楽しいですね。またみんなで行きましょう!!