2011年5月31日火曜日

go longboard go

デッキをカスタム

先日デッキの先端が割れてしまい、折ろうかと思いましたが、

スケートの師匠である青山のブルさんからじゃあ削ってクルーザーデッキに
したらと助言をいただき早速やってみました。

板は高円寺のカリスマタッキーことtakさんからもらったスッラシャーの
板で、まだ様子見程度にか乗ってないのに、すみませんが切らせて
もらいます!!
印をつけて


まず壊れた先端を電動ハンドソーでぶった切り角を削る

テールも感じを合わせてぶった切る
できあがり
組んでちょこっと乗ってみたが乗り味は変わらんかったです。

2011年5月27日金曜日

人間の中の野生

いつも見るブログを書いているある人が言ってました。
もう昔のいつも通りの生活をしてください。
普通の生活をしている時ほど野生の勘が出るそうです。
まだまだ続くかもしれない災害に立ち向かう為、
今こそ普通の生活をしてくださいとの事。
不安で悩んだり、くよくよすると勘が鈍るそうです。
いざと言うときの人間の生きる力を取り戻しましょう。

PEDAL SPEEDマガジン

  
OLD BMXを取り上げてくれるPEDAL SPEEDマガジンの最新号が発売されました。
毎回面白い特集が満載の雑誌です、今回は特にハンドメイド自転車の祭典HAHBSの特集は見所満載で以前自分でも取り上げたケルビムのレーサーのデカイポスターまで付録しています。そして以前開催された目黒のスクリーミンホイール主催のイベントでのスナップが掲載されてました。そこに我友人でありOLDBMXの師匠でもあるM君兄弟が持ち込んだめちゃくちゃレアな初めて見たBLUE MAXとイエローのハッチのマシンが載っています。


おいらのチャリも載っけていただけましたが!
自転車掲載はうれしいのですが、おいらも写っていてすげーかっこわるい!!!www かなり恥をさらしています。やっぱ自転車だけをお願いすりゃ良かった。

2011年5月26日木曜日

原子力についてのテレビのうそ

おれもしつこいので、もう原発はいいよ!止めたと言ったんじゃないの?と言う声がちらほらしてきましたが、終息はまだ見えて来ていないので,続けます!w

昨日放映されたテレビの番組の中で、ヨーロッパの原子力についての話しがありました。
そこでは原発の無い国や段階的に減らしているヨーロッパの国々も原発80%の国フランスより電気を買っている。むしろ買わないとやっていけない。
先進国ヨーロッパですらそうなんですよ!!だから日本も原子力無くすと国がたちいかないので、原発はこれからちゃんと考えて運営されて行くのが大事なんですよ。と原発維持の理由を話しをしていました。

わたしイタリアに住んでいましたが、正直電気代は決して日本みたいに安くはありません。でも死ぬほど高いわけでもありません。それなりです。(その時は円高だったので実はかなり安かったのですが、)それでもイタリア人は電気を大事に効率的に使っていました。

こんなブログも見つけました、その人いわく、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イタリアの電気代はもーーーーの凄く高いのです。
普通の家庭のイタリア人の節電っぷりには
こちらへ来た当初は驚きました。
たとえば、ほんの数日間家を空けるだけでも、
私の知るほとんどのイタリア人たちは
冷蔵庫を空にし電気のブレ-カ-を落としてから出かけます。
人によっては冷蔵庫以外のコンセントを全部抜いてから寝る人もいます。
うちのアパ-トに入っているお店は毎日の営業を終えると、
外付けのブレーカーを必ず落としてから帰宅。
あるお宅で夜に2、3時間留守番を頼まれたら、
出かけに小ぶりの卓上スタンドを手渡されたこともありました。
広い居間の暗闇に、スポットライトのような光を投げかける小さな光を頼りに
本を読み留守番をしたのでした。
「な-んでイタリア人って電気点けることにこんなに神経質なわけ??」と聞くと、
「電気、高いから」だそうで。,,,,,
~~~~~~~~~~~~~~~~
私から見たら突っ込みどころ満載です。
正直自分はそこまでの人は出会いませんでした。ミラノの一般家庭がそこまで電気に困っているという事は感じなかったです。ただ普通夏のバカンツァで1週間〜1ヶ月近く家を開ける時には冷蔵庫をカラにするのは当たり前です。元々アメリカの様な1週間分を買いだめする様な生活習慣ではないので、長期冷蔵保存食品が冷蔵庫に入っていると言う事は少ないお国柄です。またお店が外付けのブレーカーを落とすのは漏電のせいとも言えます。それで出火の予防という観点です。なにせ築500年以上なんて建物も多いイタリアなので、コンセントなど完全に後付けが多く。それも戦後に通した電気線なんてもうネズミが食ってひどい事になんて話しは普通です。
もしかしたら若い夫婦や学生シェアの家では上記の様なそんな事になるのかもしれないでしょうけど、多分これを書いたのは、もしかしたらお金を節約しないといけない留学生さんだったら、こういう物事の捉え方になる気がします。
さらっと読めばだからヨーロッパは電気が不足しているんだな!なんて読めてしまいますが。いわゆる一般的ではなく ある一部ではという注釈が付く話しではないでしょうか。
 実際に自分は住んでいる時には電気で困った事は全くおきませんでした。日中は電気付けなくても明るい部屋作りとか、夏はカラッとした地中海気候なのでクーラーが無くてもどおにか住める。でも夏は暑いので多くの人は長期で休んで涼しい地方に行くなど。電気の無い時代から受け継いだいい環境が残っているというのもあるかもしれません。

だからそんな困ってないであろうイタリアがなぜ電気を買わないといけないか、理由は他にあるのではないかと思いました。たぶん買わされているのでは?と推測しています。たぶんの話しです。w

そんな事を考えながら探していると、こんなブログがありました。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ドイツはフランスから電気を買っているじゃないか、
[ドイツはフランスに頼っている」という話しに問題があるのです。
 〜〜中略〜〜
つまり話しが逆なのです。「フランスから電力を買っている」というより、[フランスが電力を売らざるを得ない」と言う状況なのです。電力需要の伸びを見込んで発電所を作りすぎてしまったのです。原子力は構想から数十年単位かかりますから、過剰供給になってしまったのです。原子力の欠点は出力調整が難しいことにより、他国に売らなくては成り立たなくなったわけです。自然エネルギーが伸びて困るのは、むしろフランスの方です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
という推論がありました。
思った通り!!検証はされてないでしょうが、フランスが先にモーションをかけていた可能性がありますね。電力不足で他国が先に買いたいと言い出したのではなく、フランスが先に売りたいだったとも十分考えられるという事です。

そこで朝の番組ですが、そう考えるなら根底から間違っているのではないでしょうか。ヨーロッパの片側からの事情を都合のいい風に解釈して上手く原発維持に丸め込もうとしているのではないでしょうか。
絶対本当とは言えない事を使って物事を話すとウソにもななることがあります。
 いろんな意見の上で論ずるならまだしも、片側だけの情報を使って人を惑わすテレビの 「さもこれが正論 」という言動に気をつけないといけませんね。本当の真実はきっと一生わからないかもしれません。それならそれで、いろいろな出来事を考慮して秤にかけて考えないといけないのに10分でまとめようとするとか、一人の専門家の意見からとか、あまり秤にかけたとは思えないことばかり言ってます。

テレビが言う事は片側lからの意見です。信じすぎると騙されます。
文章は行間を読めと言われますが、情報は裏を読めですね。

同じように私が言っている事は間違っているかもしれません。
信じないでください。ご自分で調べてみてください。自分ももっと調べてみます。

使わせていただいたブログは個人の様なのでまだ承諾を得ていないのでアドレスは伏せておきます。

2011年5月24日火曜日

スーパーチャージャー



ヒューン!!!

今日の放射能


22日より最悪の事態進行中です。
ついに200sv/hを越えました。一号機ついに格納容器から漏れ出したのでしょうか。
安全な0.1μSVの2000000000倍??20億倍!?ほんと?
でも、近くの S/C圧力抑制室は下がっている。なんで???


完全にチェルノブイリ越したのでは??世界の歴史に汚点を残した東電,悪の東電、利己主義な結果国民の多くを被曝させた東電、世界に名を残したのではないでしょうか。ワルい意味で!



ここ数日、風向きに注意です。
http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif
ドイツ気象台によると明日は仙台は気をつけて!!!

はたして明日、東電はちゃん報告するのでしょうか?
HPでお知らせしているでしょ!!って逃げ口だけは作っておいて、バカな国民は黙ってりゃわからないと思ってメディアじゃ黙っているのでしょうか??

クソだな野党自民

誰があん時何言ったなんて今どうでもいいだろ、そんなの後でやれよ!!!
自民のおえらいさんよ!おめーの頭は腐った卵だな!
管さんよ怒れよ!今そんな時じゃないって!!
うちの87になるバーバも怒ってるよ。
今復興やまだ終わってない原発に全精力を向けないといけない時って言ってるよ。
わたしらは戦争で何もかも失っても生きていけた自信があるから、この事位じゃあせらない。こうなった今でも多くの人が生活ができている。だからこそ、今困っている人達を助けてあげる力がある。それを噛み締めて復興に力を注がないといけない時期と言ってるよ。
うちのバーバの方が谷垣よりずっと大事な事言っている。
今政権を移せ?ばかか、こんな時期に政府自体を混乱させるなよ!
オメーらが推進して来た原発がこんな事になったのによ!!!
今日本は一丸となって突き進む為に,全て一時休戦してともに戦おう!
とか言えないのか!!!
自分らの食いぶちが取られたから、そら取り返せ!とでも言うのか!
おまえらどこ観てんだよ、国民をみろよ。相手の揚げ足ばっか探しやがって!!
野党ってただ政府を批判するだけしか脳の無いただのへりくだり野郎集団なのか。
ほんとバカだな自民、つか野党になるとお前らもその程度だったって気付かされた。

おれでも分かる事を教えてやるよ!
東電がどうにかして隠し通して黙っていようとしていたんだよ!だから海水うんぬんとか政府は知らなかったの!!だから管さんはあの放射能がばんばん飛び交っている時に福島視察なんてしたんだよ。知っていたら政府要人があんなとこまでヘリだろうと行かなかった、回りも行かせなかったはず!!!
全て東電の隠蔽のせい!!!これで国会の予算委員会の大事な一日潰れたじゃねーかよ!!!

谷垣あんたはヒーローになれないよ、原発決死隊で応募して来た164人の高齢の技術者たちの足の爪の垢でもなめろ!

言葉がワルくてすみません、育ちが悪いので。

2011年5月20日金曜日

最高の音楽映画

BENDA BILILI

キンシャサのコンゴリーズ ルンバのストリートミュージシャンの映画。
黒人音楽はアフリカから出てキューバでミックスされアメリカで花開いたと言われる。
その源流から溢れ出たコンゴリーズルンバ、最高のダンスミュージック!
 めちゃくちゃかっこいい。ファンクの源流をみた。

出て来る音楽も良いが、5年もかけた映像。全員が障害者とストリートチルドレン。
ポリオで足が不自由だけど、最高におしゃれで最高のボーカルを聞かせてくれるリーダーののリッキー、最高にかっこいいムーブを見せるおっちゃん!ベース弦一本だけのギターでみごとなグルーブをだすおっちゃん。無口なストリートチルドレンだったロジャが大きくなってコンサートで最高のパフォーマンスを決めた時めちゃくちゃ感動した!!! なによりポリオを発症し身体が不自由な人ばかりだが底抜けにいい笑顔。
 最初なんか面白い3輪車だなって思って見始めたのだが、完全に裏切られた、最後まで自転車の事はすっかり忘れてた。

ただ、、この映画アフリカなまりのフランス語?それともコンゴ語?なのでまったく意味は分からなかった。でも音楽に言葉はいらない、一言も最後まで分からなかったが最後まで楽しませてくれたとびきりの音楽の映画でした。

http://bendabilili.jp/index.html
もうすでに去年、彼らが来日していたなんて、遅過ぎた!!残念。
 でもこんどコンゴに行った時にはコンサート見て来ようっと!!
アフリカ行った事も予定も無いけど!!www

BEETLE QUEEN CONQUERS TOKYO



リンク

Trailer リンク

日本でのディープな昆虫のドキュメント映画のようです。
昆虫好きな人にはたまらないのでしょうけど、おいらはちょい興味外なので観てません。
でもTrailerの映像がなんかいい。ポスターもなんかいい。
それだけです。

自転車預けてきました。






 

遅くなりましたが、先日組み立てた古いMTBを震災復興に役立ててもらおうと、震災支援をしているSTUの物資集積場のT&Tさんの所に預けてきました。

写真は撮らなかったのですが,T&Tさんの住所に着くとなにやらグラインダーの音がするので覗くと、バイクがそれもチョッパーが4台位並んでいて、自分のバイクをお二人でカスタム中でした。話しを伺った所T&'Tさんはバイク屋ではなく会社の倉庫にガレージを作って趣味でバイクをいじっているそうです。すごくうらやましい環境でした。

もう既に他にも自転車やら物資が置いてあり来週末にまた東北に持っていくと言うお話でした。下のチビが小学校の頃からの古い自転車ですが、ちゃんと整備したのでまた誰かの足になってくれるといいなと思っています。

物資もまだ受け付けているそうなので、自転車などあれば上の送り先までどうぞ。

2011年5月19日木曜日

映画でリフレッシュのつもりが、、、

気分も落ち込み何もする気が起きない今日この頃、どうお過ごしデスカ?

そんなときにゃ、映画でもいかがですか?

と気分回復の為にこいつを観ました。


バトルオブロサンジェルス 
http://trailers.apple.com/trailers/sony_pictures/battlelosangeles/

いや〜、疲れました〜。
正直 未曾有のカタストロフを経験し、まだ置かれている状況が不安定な今、
このタイプの映画を観ると、以前と違いかなり身体に力が入ってしまいますね。

はっきり言って頭は使いません!そのかわり身体を使います!w
オレが大好きなタイプです。
凄く疲れましたが、なんかちょっと気が楽になりました。

明日の活力の為こんな時にこそ映画なんかはいかがですか?

2011年5月17日火曜日

かなりのレベルの放射能汚染分質が降っているのかい?



杉並でこれかよ!!
自分の基準では国際基準の0.1μSV/h以下が基準なのに、、、、、、、
大気はどうにか大丈夫でしょう。
でも、地表には堆積しているので遊ぶお子さんがいる家庭は気をつけて。
心配かけてすみませんが、、、すくすく育ってもらいたいので注意勧告します。
遊んでも口に入れたり傷口に付かないように。そして家に帰ったら手は必ず洗ってください。
そして遊んだら服も家の外で はたくか脱がせる事をお薦めします。
猫の糞対策と同じ、身体の中に入れなければ大丈夫と言われていますね。本当かどうかはっきり行ってわかりません。でもそう信じるしか無いですね。

元々の東京の放射量から考えたら、、大気で10倍、地表で200倍!!
これを国が公表したらパニックになるな。でも国は地表で測らず大気だけ測っているらしい。
砂いじりする子供の事なんてな〜〜〜んも考えていないじゃないかな。
東京でこれって事は、、、東北、関東一円、、、どれだけ、、、
、、、ひど過ぎる、、、

自分らの命はもう国は守ってくれませんね。自分らで守るしかないのでしょう。

でも、うちじゃ、かっこが気になる20歳前後のうちのチビ2匹に何言ってもな〜んも聞きゃしないです。
奴らかっこが命ですから、、

うちもガイガーカウンター買おうかな。でも知ったら恐ろしくなるだけかも、、、
知らぬが仏。これが日本人気質なのか、、ならオレも日本人だな。
まあせめて区レベルで機械を手にいて、各幼稚園、小学校、中学校までの校庭の放射線レベルを測定してほしい。

追加動画

NHK特番 ネットワークで作る放射能汚染地域地図1〜6




http://www.youtube.com/watch?v=J7dfoqCj5BA
http://www.youtube.com/watch?v=6H30i_jI_Ys
http://www.youtube.com/watch?v=bUA6BueVBR8
http://www.youtube.com/watch?v=lX-in2-KisA
http://www.youtube.com/watch?v=XPXprWgh5Wk
http://www.youtube.com/watch?v=stDYKdPUqtY

2011年5月16日月曜日

東電潰さないのはなぜ?

なぜ?東電を潰さない?
JALみたいに一度解体して、内部の膿を出すべき。
でもなぜしない!!!

調べたら東電の筆頭株主は、、、、、アライアンス バーンスタイン???
なにそれ??アメリカのファンドのようだ。リンク

ということは、、、東電の株主は、このままじゃ福島の人が家に帰れなくなろうが、日本人が放射能で苦しみながら死んでいこうと、高配当の株主は金もらってどっかの国のプールサイドでシャンパンでも飲んで傍観するだけって事か???

たぶん東電はこれから色々切り詰めていくのだろうけど,経理としては、人件費ななど経費はそれなりに取るし、東電はその株主達の持ち物だから、逆らえないから配当も当然残しておくだろう。それ全てを苦しむおれらから多分値上がりする電気料金に上乗せして来るんでしょ。

許せる???アメリカのファンドを買っている人達の為に、復興だからと我慢して節電して、放射能におびえながら、高い電気料金払わされるあげくに復興税みたいに税金も増税されて生活も2重3重で苦しむのって!!!!許せる????

潰せよ!!東電!!!そして一度解体して新しい会社としてもっと日本人の目の届く所で電気を作る会社にしろよ!!!


政府も東電が潰れると保障全額政府が払うはめになるから、潰したくないの???
それともあんたらも東電株主であの株券を紙切れにしたくないだけなの????

国民がこんなに不安で押しつぶされそうになったり苦しんでいるのに、政府はなにを考えているんだ!!!どうせ国有化しても税金で保障するなら、自分らが収めた金だし。結局どっちに転んでも日本人が苦しむなら、日本人の為になる国有化を望む!!!

枝野が今日、電力会社と送電会社を分ける事も視野に入れたと報道があったようですが、そのレベルじゃないよ!!今考えるの!!!

東電に今回の事故の責任があるのなら、株主にも責任がある!
その代償として東電の株はただの紙切れになるべき!!!株主の責任逃れ得は許さない。
そして国内外の株主を儲けさせる為の電気会社じゃなく、日本人が住みやすく安全に生活できる電気会社にしなければない!!! 管よ気付いてくれ!!頼む!

すみません取り乱してしまってまた読みずらい文章ですが、怒りがおさまりませんでした。

ソース1(日刊ゲンダイ 東電がジャLにならない奇々怪々)
ソース2(ガジェット通信 東電を救済する為の政府の「うそ」)

東電いいかげんにして、ばれてますよ!!

なんかとめども無く続いてしまいますが。先輩から東京電力の電気不足キャンペーンの裏を教えていただきました。

東電さんもうバレバレですよ!!

遂にやっとメディアも重い腰を上げ出して来たようです。
東京新聞5/12号より

中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の停止決定を機に、またぞろ「電力不足キャンペーン」が始まった。中電による電力融通の打ち切りが理由のようだが、「こちら特報部」の調べでは、被災した東京電力広野火力発電所(福島県広野町)が七月中旬にも全面復旧する。そうなれば真夏のピーク時も電力は不足しない。国民を欺くような“情報操作”の裏には、なおも原発に固執する政府や電力会社の姿勢が垣間見える。リンク

拡大は記事をクリックか下のリンクで
http://picturepush.com/public/5662153



拡大は記事をクリックか下のリンクで
http://picturepush.com/public/5662173

いいかげんばれてますから!

自分なんか素人すぎなので、詳しく解説してるブログでどうぞ。
リンク

5/7のデモの主催者側のページもありました。リンく

2011年5月15日日曜日

あれ??出て来た!

5/12のブログが消えていたのですが、出てきました。
電力会社の悪事を暴く内容だったので、何か悪い圧力がかかり
削除され、いつしか自分の身にも!!!
なんてワクワクしていたのですが。
ブログサーバー移転に伴って表示が遅れただけのようですね。
あ〜ワクワクドキドキして損しました。ので翌14日の日記は同じ内容なので、ちょっといじります。

息子ってやっぱり似てる

2011年5月14日土曜日

デモ参加者から聞いた話し。

先週の土曜日に渋谷でデモがまたったのらしいのですが、今回前回より多く2万人近い人が出たそうです。


ニュースリンクより
 ニュースリンク




しかしテレビとかのニュースで見ました????

やっぱ情報統制がマスメディアでは起こっていますね。まあよく考えたら原発事故の後東電はお詫びのCMをガンガン流していましたね。あれで他の企業がCMから手を引いた所に付け入って金をばらまいてメディアを黙らせたと言うお話です。


話はそれましたが,渋谷のデモを前々回自分も見て来た時に感じたのですが、あのときは1万5千人のデモ隊だった聞きましたが、ブログにも書きましたが、2千人程度に感じました。でもその謎が解けました。


列がちょうど赤信号で止まり列が分断されると、角々にいる警察がその都度 方向を変えさせ、いくつものルートに小分けでデモを流しているらしいのです。
今回も8グループに別れさせられて、デモとデモがすれ違うなんて事にもなったらしいです。
そして小分けされたデモは最終地点到達時間をずらされ,順次解散させられているのだそうです。
リンクより

リンクより




途中列を乱して前の列にくっ付こうとするグループがいたらしいのですが、警察がそのグループを取り囲み、ちょっと小競り合いになりバスに連れ込まれる所を見たそうです。そして小分けされたそれぞれのデモに回りをがっちり警察が取り囲んで不穏な動きを封じ込めようとしているという事も聞きました。


リンクより




前々回見た自分が感じた2千人程度と言う判断はこのように警察や公安でぶった切りにされ小さな集団にされた一つを見ただけのようですね。


2万人程度じゃダメって事ですね。その程度だと警察の方が力があるようです。決して暴徒とならないで欲しいのですが,5万人レベルになれば警察でもどの程度抑えられるのでしょうか。次は6/11だそうです。全国各所で一斉にやるそうです。


ガキの頃、自分ちは早稲田が近いので学連デモをよく見てました。ヘルメットにタオルで顔を隠して、最前列は長い棒に横一列につかまり、列が分断されない様にギュッとつまって、足並み揃えて2千人近い学生が道を右に左に行進していましたが、そんな感じで統制がとれていないと分断され ただ多くの人が歩いているだけの様なり、デモじゃなくなってしまうんでしょうね。


まあ国家権力と戦う為のデモじゃなく、放射能のない平和で暮らしやすい生活を守る為のデモでしょうし、争いごとは避けたい人ばかりでしょうから、後は参加人数が増えて抑えが利かないレベルにでもなれば影響も大きくなり、メディアも取り上げざるおえなくなり、そしたらはじめてデモがデモとして成立するのでしょう。


あとは放射能が倍の距離まで飛び危険区域が拡大されたとか、より悲惨な状態にならない限り、国民の意識から離れさせるようにメディアと国家の犬に殺されるだけなのでしょうね。



2011年5月12日木曜日

原発なくとも電力は足りる

終わらせたのにまだまだ続きます!!しつこくてすみません。

なんと浜岡原発無くとも全然電力は足りていると言う事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中部電力の最大電力と発電能力ですが、ピーク時の最大電力2698万kWに対して、発電能力は原発を除いても3101万kWありました(2010年夏)。あの 猛暑のときでさえ、浜岡原発なしに403万kW(約15%)も余力があったということになります。
さらに新潟県に建設中の上越火力発電所が2012年7月に運転を開始するので、最新鋭のLNG2基238万kWが加わり、電気があり余る状態に なります。浜岡原発は180万kWしか発電できなかった(実績稼働率が50%)ため、浜岡停止の分は上越火力だけでお釣りがきます。

<発電施設の設備容量と最大電力の推移>

http://diamond.jp/mwimgs/e/b/550/img_eb394c7bf4f6bdef87f98bbeabd186cf71552.gif
最大電力が、火力+水力の発電能力を超えたことはない。(ダイヤモンドオンラインから)

<原子力発電の経済性に関する考察>
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=179
運転年数40年の場合の1kWhあたりの発電コストです。(2005年6月、原子力資料情報室の試算による)
火力に振り向けると燃料コストが…、と広めている人は誰でしょう。

・LNG火力 4.88円
・石炭火力 4.93円
・原子力 5.73円(核燃料廃棄物処理費と廃炉費は含れない)
・水 力 7.20円
・石油火力 8.76円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
だそうです。
なんなんでしょうね〜。これが自民時代のやり方だったんですね。国民は馬鹿だからどうせばれないとか思っているんじゃないですか。コストも安いからなんて嘘ッパチなんですね。完全に騙されてますね。

これじゃやっぱり計画停電も実はしなくても良かったのでは?なんてかんぐりたくなります。25年に一度づつ大きな事故で地球上で住めない所を作る原発(原子力)は全くエコロジーの反対の物ですね。

そして今一号機メルトダウン済みを確認!最悪の事態進行中。このまま上手く収まってくれ!!!もう一段階上の最悪にならないでほしい。。。祈らずにはいられません。

メールで教えていただいた先輩ありがとうございます。
オレの文章では上手く伝わらないので、すみませんがそのまま転載させていただきました。

2011年5月10日火曜日

原発事故関連で参考にさせていただいたリンク。

 すみません終わらせようと思ったのですが、必要な時に便利なように
 事故関連で先輩からメールで教えていただいた様々なサイトのリンクを 集めてみました。

SPEEDI 日本放射能マップ(公的なくせに全く役立たず!)
http://gebweb.net/japan-radiation-map/jp/

クラウドソースによる放射能測定値を地図上で可視化
japan geigermap  (ここの方が信憑性を感じる)
http://japan.failedrobot.com/

新宿での放射能データー
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/emergency/monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/index.html

ドイツ気象庁の放射能予測(かなり恐ろしい結果が出てます)
http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif

日本のイギリス大使館からの発表
http://clip.kwmr.info/post/3896045912(訳)
サイト
http://ukinjapan.fco.gov.uk/ja

日本アイソトープ協会。原子力発電と直接関係がない団体なので、ナマのデータを提供してくれています。
http://www.jrias.or.jp/index.cfm/1,html
http://www.jrias.or.jp/index.cfm/1,14676,3,html

原子力安全研究協会。こちらは原発関係の紐付き法人ですが、判りやすい解説を公開しています。
http://www.remnet.jp/
http://www.nsra.or.jp/



原子力百科事典ATOMICA。高度情報科学技術研究機構の運営です。
http://www.rist.or.jp/atomica/index.html

福島第一と同じ沸騰水型原発の図
http://www.rist.or.jp/atomica/index.html

原発業界御用学者@ウィキです。
http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/1.html



<都内の環境放射線測定結果>
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/emergency/monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/
東京都健康安全研究センターが都内の放射線量を測定して毎日公表しています。水道水のデータも出ています。

<関東各地の放射能値の可視化>
http://microsievert.net/


比較的読みやすい参考サイト(日本語)
http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/

JBPressの烏賀陽弘道さんという記者の方のブログ
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5668?page=5

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5668?page=6


使用済み核燃料プールの構造についての解説
http://d.hatena.ne.jp/arc_at_dmz/20110324/spent_fuel_pools

なお、コンクリートは高熱だけでなく、放射線でも劣化します。
http://radiation-chemistry.org/kaishi/085pdf/85_11.pdf


日本アイソトープ協会が、放射線被曝の防護に関する書籍を無償で配布しています。
買えば4500円する本を、送料だけで送ってもらえます。
数に限りがあるようなので、早めに申し込むのがいいでしょう。
と教えていただいたので、私も申し込みました。

http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15086,76,html
ICRP勧告(日本語版)「ICRP Publication 96 放射線攻撃時の被ばくに対する公衆の防護」

先輩ありがとうございます。
公開しなくて自分だけで保存もできるのですが、一応もしも興味があるって人がいたらと思って公開します。

2011年5月7日土曜日

雨ですね、やっとチャリ整備できました。

もう1ヶ月も前ですが、被災地に自転車を届けようと言う話しを聞き、一台使ってないバラバラ状態のMTBがあったのでそれを役立ててもらえるかもしれないと、先月の28日に組み立て始めましたが、やっと整備できる時間ができて完成しました。
不足していたフロントディレイラーのワイヤーを買いに近くの自転車屋まで行ってやっと組み付けし、初期伸びも終わって調整完了。

雨が降っているので放射能が危ないので、ちょこっとだけ試乗!
うん大丈夫!!誰かの役に立ってくれるといいな〜。そこでNFKもとやんに連絡を入れたら、ファントムで集めていると聞いたので、週明けでも連絡入れて届けに行こうと思っています。

ついでにまだ空いた時間があるので、他の整備待ちのチャリもいじる

レストア中のスタンダートBMXをいじる。またまた ただでもらったオデッセイのフリースタイル用のフォークのブレーキ台座を削り塗装を剥がし仮組する。

一応どんな感じか仮のハンドル、ホイールまで付けてみた。眺めていたらシロハン良いかも!!タイヤはサイドスキンで決まり。
あとリムを取り置きしてあるBMXマニアのM君の所に取りに行って、シートクランプ、組み付けたがやっぱヘッドパーツも今イチなので、それも、ふろんとスプロケットも、チェーンもシートも無いや!!まだまだ先は遠いいな。でもこういう時間が楽しい!!!

で,次

フジのクルーザーのブレーキを整備。
以前からブレーキの効きが悪いので何か方法を考え、じゃあ本気BMXで使うワイヤーにすりゃもうちっとどうにかなんべ!と買い置きしていて、今回組み付けようとしたが,太過ぎでフレームのワイヤー通しに入らん!!!がっくし!!!
で元に戻して本日の整備終了。


ついでにチャリ繋がりで。影連記録用6時間目。

昨夜やっと影連6時間目ができました。なんと無謀にも立てコーン挑戦!!!
bmx始めて6時間で飛べるわきゃない!!!www



video

なんか飛べている様にも見えますが!!実はこれを撮る前にパイロン頭部を何度も踏んづけて粉砕されていて、頭が無い部分を通り抜けているだけです!マジッ〜〜ク!!って感じ。自分でも飛べたのかな???な〜んて思ちゃいましたが、やっぱ飛んじゃないですね。

2011年5月6日金曜日

これで一応納得して終わりにします。

今回の震災で最後まで終わらない復旧は福島になる事は疑いの余地はありません。
 そしてその原因は天災と人災の絡み合った事故と言う事も疑いがありません。
 そして東北関東はもとより日本中どこでもその影響で普段の生活様式を変えなければならなくなったのも事実です。
でも正しい知識で落ち着いて行動していれば、決して今日明日にどうにかなるほどの恐ろしい事態は”まだ”避けられいる事がわかりました。
実際はまだ福島原発の事故は終わってなく、最悪の事態にならない事を祈るしかないのですが、 当面は東京では普段通りに生きていく事はできるんだなと納得できるようになりました。

今日は先輩から送っていただいた、ある著名な医師の3月下旬に書かれたメールから抜粋させていただきました。これからは原発の知識より被爆に関しての知識が重要ですので、それを集めてみました。

これで一応納得して今の所終わりにしたいと思っています。



放射線被曝について


・体外からの被曝は問題にならない というかそんなものが原子炉から何十キロも離れた
遠距離で問題になったら日本は「おしまい」なので考える必要はないらしい。それより
  体内被曝(放射線同位元素が体内に取り込まれ、体内から放射線で組織を壊していく)
が問題。 

・とりあえず問題になるのは、ヨウ素131とセシウム137。

・ヨウ素131は甲状腺に取り込まれて体内被曝する。ただし半減期は8.1日と短いので、
  最初に体内に取り込まないようにすることが重要。そのためには、初期のヨード剤の
服用が重要。ただし、日頃から海藻類などヨードを多めにとっている人はそれほど
あわてなくても良い。

[ ※ 昆布がいいとよく言われていますので、調べてみました。
それによると、昆布100gあたり100mg〜300mgのヨウ素を含んでいます、わかめ100gで7〜24mg、ひじき100gで20〜60mg、なのでやはり昆布がおすすめだそうです。しかし成人の1日のヨウ素必要量は0.15mg〜3mgなので、乾燥昆布でたった1〜3gだそうです。そのうえあまり摂取しすぎると甲状腺機能障害をおこすそうなので、あまり食べ過ぎも逆効果になるそうですので、気をつけてください。
これだと毎日おひたしかお味噌汁程度で十分かなと思いますね。
公的には昆布が放射線予防対策になると勧められてはいませんが、手元にヨウ素がないならば、気休め以上の効果は期待でき、特に小児や妊婦の方の自衛手段としてお薦めできるそうです。ただ、他のセシウムなどからの被曝には効果はないそうです。]

・セシウム137は半減期30年。セシウムはカリウムと似た性質を持っているので、一時的
だが身体の中に取り込まれ、体内被曝してしまう。ただし排泄は早い。原発の核廃棄物
で最も多く出るのがこのセシウム137で、チェルノブイリ事故の汚染もほとんどはこれ
によるといわれている。

・皮膚からはこれらの放射性物質は吸収されない。経口と呼吸での吸収が主。経口は
防ぎようがないが、呼吸はある程度は防ぎえる。本当に防ごうと思ったら防護マスク
が必要だが、普通のマスクでもないよりはマシ(大きな粒子は多 少は防げる)。

[「経口では」とは放射性部質が食べ物に付いてくる、または含んでいるになるのでしょうが、これはもう食品販売の倫理にすがるしかないですね、食べてすぐに影響が出るわけではないので、これからどんどん分かりずらくなってしまうかもしれないのが心配されます。

放射性部質はチリのようなものでそれが放射能を発しているんですよね、まず口に入れないければ、皮膚や服に付いてそこで放射能を発していてもも長くて数分や数時間で擦れたり、洗ったりすればどっかにいってしまうので、経口で入れないようにするのが大事と言う事ですね。]

・雨には要注意。空中の放射性同位元素が雨粒の「核」となって降ってくる。特に、
最初の雨がまずい。原爆投下後の「黒い雨」は有名。

[これはかなりもう日数が過ぎ飛散量も落ち着いて来たので原発から100km圏外の
地域ではあまり心配しなくても良いと思いますね。]

[余談ですが、

被曝に関しては、よくレントゲンと同じだからその程度までなら大丈夫と聞きますが、もしレントゲンが出す放射能を一年中ずっと浴びていたら確実に病気になる位の放射能だそうですが、レントゲンを撮る時間は何百分の1秒位の間の放射なので問題視していないと言う事が真相らしいです。だからしょっちゅう撮影する看護婦や医者は絶対レントゲン室に撮影中は入って来ないですよね。だからレントゲンと同じだったら本当は死を意味しちゃいますね。テレビとかでばかな話しを引き合いに出されているのに、自分もそれを信じて大丈夫だと思っていた馬鹿者ですね。]

チェルノブイリ放射能汚染の影響について
・汚染地域に長期に住んでいる人(今でも数百万人の人が住んでいるらしい)の健康被害
は、実は良くわかっていない(つまり、ものすごく顕著だというわけではない)
らしい。

・事故直後に子供がヨウ素131に汚染された牛乳を引用したことで体内被曝し、
小児甲状腺癌が急増したことは知られている。

・一方、過去の被爆者の健康調査の結果(日本の原爆の貴重なデータです)
白血病は被曝から発病まで平均12年、固形ガンについては平均20~25年以上かかる
ことが分かっている。また旧ソ連では疫学的調査が十分に行なわれていなかった。
したがって、1986年に起こったチェルノブイリの影響がどの程度であるのかは、
実は今もって全く不明なのである。


だそうです。

まだ大量の放射能を浴びる事以外の微量の放射能については良く分かってないのが事実ですね。しかしわかってないというのではなく、わざと分からないようにしていると言う意見もあります。それは事故と補償問題の関連で、わざと事故の補償対象にならないように、いかに補償総額を減らすかを考えての事と言う話しもあります。10年後20年後に自分にまたは子供達に何かしら影響があったとしても、政府や東電は今回の事故との因果関係をチェルノブイリの例を上手く使って認めない事は確かでしょうから、自分の身、子供達の身は自分らで守るしかない、だれも助けてはくれない事を胆に命じておきましょう。
放射能は1マイクロだろうが0.0001マイクロだろうが決して身体に良いものではない事も忘れないでください。私が怖いのは子供の子供、未来に授かるだろう孫に何かあるのかもしれない事がとても怖いです。



 放射能被害は「風評」ではなく「実害」だと認識しなければならない。その上で被災した人々を積極的に支えつつそれぞれの立場で自衛策を講じなければならない。
(佐久間智子 アジア太平洋資料センター理事)

昨日のブログの表を見ていただくとわかりますが、日本中どこ行っても以前の数値(本当の)からみると5倍〜10倍以上の放射能があるので、いまさらどこ行っても同じでしょう。なので、今のいる土地でどおにか生き抜いていくしかないのが現状ですね。
 自分なんかはそうでなくても土着民なので動けないから、はなから諦めています。

くそったれ官僚や東電の為に病気になってたまるか!!!

どうかみなさんお体に気をつけて共に生き抜いていきましょう!!

2011年5月5日木曜日

こんにちは、今日の放射能の時間です。

こんにちは、今日の放射能の時間です。
それでは、各地の観測結果です。

日経新聞5/5より

これに因ると、福島は別として、水戸が0.1μsvを超えています。そして仙台、新宿、埼玉、宇都宮がものすごく近い数字になっていますので、自分が思うのには0.1を越えるならどうしても戸外の行動しなければない時はマスクをして、帰宅後はすぐに服は洗いましょう。特に子供は外であまり遊ばせないように。

これが現実ですね!!実はものすごい悲惨な状況なんですね。
でも目に見えないから気にしなければ普通になっちゃうんですね。国も言う様に今すぐどうにかなる数字ではないでしょうが、確実に通常の10〜100倍の放射能が飛散している事は知っておかないといけませんね。

そして平常時の数字に惑わされないでください!!!いつもはこれ位だったのなら、じゃあ大丈夫じゃん!って思わないでください。


昨日の武田先生のブログからだと、日本では平常時 年で20マイクロシーベルトの放射能を出す企業があると懲役刑と書かれていますので、年20マイクロシーベルト以下が基準だったはずなので、時間換算すると0.0022マイクロシーベルト以下が基準だったはずです。

それがいつのまにか、、、、平常が10倍にすり替えられています!
事故以前に文科省が自ら作っていたはずの数字をすり替えているんです!!

もういいかげんにしろよ!!!これもパニックにならないように配慮してなのか!!!国民は馬鹿じゃない!本当の事知った上でも冷静に対処する能力を日本人は持っている。事実あの震災の日のあの状況下での秩序はすばらしかった。これ以上騙さないで真実のみを知らせてほしい。

昨日自分が基準にした毎時0.1マイクロシーベルトは国際基準なんですが、なってしまったらしょうがない いたしかたない場合の数字なのです、今まで、つい1ヶ月半前までの本当の日本の平常時の基準の数字は毎時0.0022マイクロシーベルトだったはずですから、それだけでもう50倍近い数値だということを忘れないでください。

もう!!ほんと原発いらない!上手く使えば本当に有効なエネルギーなんでしょうけど、現代じゃだれも上手く使えないってわかりました。未来に原子力を完全に制御できるレベルの技術が伴うまで原子力はいりません!!

ましてや静岡の浜岡原発なんて活断層の上にあるなんて、、、もう絶句です。
いつ地震が来ても確実に中部地方住めなくなるでしょう。でも来なけりゃ大丈夫って考えの様で、まったくもってまだ危機意識がないようです。

人間ってほんとばかです。未来に核戦争が起こって人類が死滅するのではなく、戦争が起こらずでも勝手に放射能をばらまいて死んでいく運命なのでしょうか。それが自然の摂理に組み込まれているのでしょうか。

この事を怒らずに何に怒ります?原発事故は起こるべくして起こった人災です。
東電や専門家は故意はなくても過失は重大な過失があり、完全に有罪です。

そして、事もあろうことか逆切れでもしたのか、そんな賠償する金無いからって被害者からも金をせびろうとしています。時も時なら東電幹部、原発に携わった専門家は御家断絶、資産没収のうえ市中引き回しの上切腹もんじゃないですか!

それでも黙っていられますかってんだ!自分はもういい歳なので、すぐにどうにかならない程度の被爆なんてへでもないのですが、未来のある子供達にこの放射能からどう守ってあげなければいけないのでしょうか。

すみません取り乱してしまいました。考えてみれば、こうしてパソを動かしているのも電気ですから、電気は絶対必要でしょう。でもせめて各家庭でどの技術の発電からの電気なのかを選んで買えるようになる事を願います。アメリカでは発電と送電の会社が違いまた企業と国と半々の企業で、それぞれが監視し合っていると聞きました。 日本は一企業独占していたからこんな事になってしまったかもしれません、だから監視し合えるそんな仕組みを作るように働きかけていかないといけませんね。

最後にとても有用な放射能の現況を知る事のできるサイトがあります。
関東各地の放射能の降り方を可視化しています。
http://microsievert.net/

それではまた!

2011年5月4日水曜日

武田先生のブログ

正直、放射能ってどの程度大丈夫なの?もう大丈夫なんて思えて来てしまいますが!
それを判断するにしても いろいろな数値が出て来てよくわからん!!
なので、一応最近なんかこの人信じても良いかもって思える、テレビでひっぱりだこ
の武田先生のブログからの転載です。



規制値の再整理
 
「放射線は体に良い」、「20ミリまで大丈夫」、はては「核実験の時には今より放射線物質が多かった」など、いかがわしい話が横行しています.
まるで今まで何も検討されてこなかったというような報道が行われています。
そこで、ここで放射性物質の規制値を再整理しておきます.
この規制値は、私が勝手に決めたわけではなく、「国際勧告」と「国内法」で決まっているものです。

また、テレビで「専門家」という人が登場し、「一般人で100ミリまで良い」などと発言していますが、ここに示す値はその人達が決めたものです。

決定に当たっては、もちろん膨大なデータをもとに1970年代から20年かけて「今、テレビに出ている専門家」が多く参加して議論をし、1990年にハッキリ決まり、それから20年間も守ってきたものです。

また、福島原発が起こったから、日本人が急に放射線に強くなったということはありません。

・・・・・・低い方から・・・・・・
まず、まとめますと次の7段階です。


1.   1年20マイクロシーベルト
2.   1年50マイクロシーベルト
3.   1年0.1ミリシーベルト(=1年100マイクロシーベルト)
4.   1年1ミリシーベルト(=1年1000マイクロシーベルト)
5.   1年5ミリぐらい(おおよそ)(=1年5000マイクロシーベルトぐらい)
6.   1年20ミリシーベルト(=1年2万マイクロシーベルト)
7.   1年50ミリシーベルト(=1年5万マイクロシーベルト)

1シーベルト= 1,000ミリシーベルト
1ミリシーベルト=1,000,000マイクロシーベルト
-----------------------------------------------------------------------------


1.      1年20マイクロシーベルト 

   文科省が決めている「クリアランス・レベル」というもので、「これ以下なら過去に放射線に接していても、普通のものとして扱って良い」という数値。
   これに反すると懲役1年以下の犯罪で、現在の文科省の言動は、自分で作った法律に違反して犯罪を犯している。私もこのクリアランス・レベルの検討に参加していた。
   
   今、テレビで「100ミリまで安全」と言っているある組織の専務理事のところで決まった数値。


2.      1年50マイクロシーベルト

   放射線の影響がほとんどなく、あまり気にしなくても良いレベル。原発の境界などはこの線量を守ることが求められていた。
   これも公的な数字で、福島原発事故が起こる前には盛んに使われていたが、今では隠されている.原発関係社は50マイクロのことを良く知っていて、原発に見学に行くと「被曝限度は1年に1ミリですが、原発は50マイクロを守っています。だから20倍、安全です」と広報していた。



3,    1年0.1ミリシーベルト

    ICRPの国際勧告の10分の1で、ECRR(欧州放射線防護委員会)が国際的基準として求めているもの。日本とlCRPとの差は、放射線で発生するガンについてのデータの見方が違うため(ヨーロッパの方がガンに対して厳しいので10分の1になっている).

   「日本の基準値は厳しすぎる」という専門家がいるが、それは間違いで、これでわかるようにヨーロッパは現在の国際勧告の10分の1の値を求めている。まだ世界を説得出来ないので、ICRPはこの値の10倍を採用している.

アイ‐シー‐アール‐ピー 【ICRP】

 《 International Commission on Radiological Protection 》放射線の人体・生物などに対する影響とその防護に関する勧告・報告を目的とする国際組織。1928年、国際X線およびラジウム防護委員会として設置。1950年、現称に変更・独立。対象とする放射線の範囲をX線とラジウムだけでなく、すべての電離放射線にまで拡大した。事務局はストックホルム。国際放射線防護委員会。



4、 1年1ミリシーベルト

    ICRPの国際勧告の中心をなす値で、「我慢できる限度」ということで定められている。例えば、交通事故は1年で約5000人が死亡するが、だからと言って外出を控えるということはしない。つまり、この社会は危険性がある程度あることを承知で行動をすることから決まっている。
   1年1ミリシーベルトを被曝すると、1億人で5000人のガン+遺伝性異常が発生すると考えられている.これが世界の専門家のコンセンサスである。
   もちろん極めて膨大なデータと専門家の議論に基づいているので、今更11ミリの根拠を説明してくれといっても、それは無理である。普通の人が勉強して、この11ミリを理解するためには3年ぐらいはかかる。

    ところで、放射線の規制については、ICRPの勧告で、国際的にどの国も同じ数値を使っている。

  その理由は、

1). 海外旅行したときに、どこかの国に行くと被曝をしてしまうのは危険であること、

2). 国際的に輸出入をするためには、製品の安全性を保つこと

3)  海外に転勤命令が出た時に、相手の国と自分の国の基準が同じでなければならないこと等から、放射線の基準値は国際的に決めてから、国内法を検討する手順になっている。
   今、福島で「100ミリまで大丈夫」と言っている学者などは、ICRPの委員で決定に参加している.また、ICRPの勧告に基づいて国内法を決める時には、今、テレビに出たり、新聞でコメントしているほとんどの専門家が参加している.
   だから、「人がガンになるのは3分の1・・・」とか、「核実験の時には・・・」などという新聞記事を書いた記者は誰から聞いたのか、その人を特定する必要がある。



5、 1年5ミリぐらい(おおよそ)

    日本では、1年に1ミリシーベルトを守るために、多くの法律ができているが、その中心となるものが「管理区域」という概念である。
   「管理区域」というのは、世の中の役に立つために放射性物質やレントゲンを使わなければならないので、そのような場所を限定して安全を確保しているからだ。
   だから、管理区域にずっと生活していると1年に5ミリシーベルとぐらいの被曝を受けることになるが、人間はずっと管理区域にいることがないので、少し高めの値が設定されている。
    私たちが病院に行くと、レントゲン室に放射線のマークが貼ってあるが、それが管理区域である。現在の福島の多くの場所が管理区域以上の放射線の強さであるので、早く表示をしなければならない。



6、 1年20ミリシーベルト

    職業的に放射線を浴びる人の基準である。職業的に被曝ということは、
   第1に、成人男性であること、
   第2に、自分の意思で職業に就いているので、放射線で被曝するのが嫌だったらその職業やめればいいからであること、
   第3に、被曝量を測定すること、
   第4に、白血球の減少(白血病ではない)等の健康診断を定期的に受けること、の条件がついている。
    子供はもちろん職業的に放射線を浴びるところにいることはできないし、また妊娠している女性については職業的であっても特例が設けられている。
   現実に「20ミリ制限で働いている人」の平均的な被曝量は1年に0.7ミリシーベルトである。従って、今のところ日本では集団として見た場合、「平均的に1年1ミリシーベルト以上の環境に曝されている人はいない」ということで、これは注意を要する.

    子供は3倍ぐらい感度が高いので、この職業人の考え方を取れば、
   1) 子供と妊婦、近いうちに妊娠希望の女性は7ミリで、
   2) 被曝量を測定し、健康診断を受ける、
   3) 被曝量が多くなったら、そこから移動する、
   という考え方もある。

   なお、ICRPが事故時には「1ミリから20ミリ」というのは、「20ミリ被曝しても良い」というのではなく、「事故時でも無限に被曝してはいけない.被曝量は20ミリに制限し、早くその状態を離脱すること」ということである。



7、 1年50ミリシーベルト

    職業的な理由で、どうしても大量の被曝を避けることができない場合、1年に50ミリシーベルトまで認められている。しかし、5年間で100ミリシーベルト(1年平均では20ミリシーベルト)という制限があるので、1年に50ミリシーベルト被曝した人は、その他の4年間で調整して、5年間の合計で100ミリシーベルトにしなければならない。


以上のことから判るように、中心的な基準となっている「1年に1ミリシーベルト」というのは、それほど低い値ではありません。

また、原則的には、1年に「大人で、被曝量を測定し健康診断があり、自主的(職業的)に被曝」の場合でも、20ミリシーベルト以上の被曝は認められていません。

軍隊とか非常時は全く別の考え方なので一緒に議論することは出来ません。

また医療用に受ける放射線量については全く別の考え方をとっています。つまり、お医者さんは患者さんの足が腐ってくると、足の切断手術をすることができますが、だからと言って、日常的に一般人が人の足を切断してい良いということではありません。

傷害罪になります。

医療では、医師が患者さんの全体を考えて被曝による損害があってもそれ以上の必要性があれば、患者に被曝させることがあります。これは足の切断手術と同じことです。

その点で官房長官や保安院が、一般の人の被ばく量と CT スキャン等の医療用の被曝を比較したことは誠に不見識でした。

政府がこんなことをしてはいけません。

・・・・・・・・・

ところで、野菜や魚などの基準は、日本はそれほど甘いわけではありません。おおよそ国際的な基準に沿っているということが言えます。

しかし、原発事故が起こってから水の基準だけは、もともと甘かったのに、さらに30倍に引き上げられました。

もともと、WHO の基準が1リットル1ベクレル(ヨウ素)ですが、日本の基準は10倍でした。

それをさらに原発事故で300倍まで上げたので、これははっきりと根拠を説明しておかなければなりません。

ちなみにヨーロッパは厳しい基準で、ドイツは0.5ベクレル、アメリカは0.1ベクレルです。

従ってこのブログでは、一般の食材については規制値をもとに考えますが、水道については、国際基準との関係も見ながら計算を進めていきたいと思っています。

つまり、私は「売り上げ確保、利権、風評、パニック、パフォーマンス」等とは関係なく、子供の健康だけを考えて計算を進めていくつもりです。

(平成2351日 午前10時 執筆)


自分まだ一度読んだだけでは理解や記憶できませんやね、何度も読んで理解を深めないといけませんね。
分からないなりに、国際基準の年1ミリシーベルト を自分も基準にしようかと思います。

と言う事は1年で千マイクロシーベルトまでOK!

とすると、、、1日ー2.379マイクロシーベルトですから時に直すと1時間約0.1マイクロシーベルト(0.00001ミリシーベルト)が国際基準になりますね。

0.1μsv/hを表示する土地でぎり住めるって事ですね。それ以上だったら、大丈夫って国が言うのはウソついていると思います。大丈夫ではなく気をつけましょう!ですね。

回りから、もうそんなに気にしてもどうしようもないじゃん!とも言われますが、知識として知っておいて物事判断するのと、目をつぶってテレビラジオで流すだけの情報だけで判断するのとは20年後の自分らや子供らへの影響とかに大きな違いが出て来るのではと思います。勉強して知識武装して損はないのでは。そしてもしウソがあれば、それを見抜く力を蓄えておかないといけませんね。自分の身は自分で守らないと!










やっぱり役に立たない

昨日書いたSPEEDIの予報

停電で分かりませんだって、、、

なんなんだ? まったく役に立たないじゃん。

113億円使って、これかよ!

一応これまでの予測結果は公開されている
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/past.html

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305747.html

でも、過去の予測じゃ明日の予測できないじゃん。

子供達を放射能から守る為に本当の事を知りたい。

最近になっていきなり放射能の許容値を上げて来たり、なんかまた嘘が含まれている。以前はちょっとの放射能でビビっていた国が上げて来るなんて絶対おかしい!

と言っても、もし本当はもう東京が住めない土地になっていたとしても、、、

行く場所はない、、、、

2011年5月3日火曜日

SPEEDI 緊急時迅速放射能影響予想ネットワークシステム



 政府と東京電力からなる福島原子力発電所事故対策統合本部は2日、「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」による未公表の予測結果が約5千件にものぼる、と発表した。原子力安全委員会が3日以降、ホームページ上で公開していくという。
 SPEEDIは原発事故が起きた際の放射性物質の飛散状況を予測するために文部科学省などが113億円を投じて開発・運用するシステム。福島第1原発事故後、ほとんど予測結果が開示されておらず、専門家らが強く批判していた。
事故直後から文科省や経済産業省原子力安全・保安院、原子力安全委が別々にモニタリングデータから放射性物質の量を逆算し、飛散状況を予測していた。なかには原子炉の中の放射性物質がすべて放出されたと想定した結果もあるという。
 2日の会見で統合本部の事務局長を務める細野豪志首相補佐官は「(事故当初では開示によって)国民がパニックになる懸念もあったと判断したのではないか」と語った。



放射能の飛散状況情報をホームページで3日からやっと公開し始めたようだ。
やっとかよ!全然スピーディーじゃないじゃん!!

それによく見たら原発あたりや仙台はグレーで未だ未公開じゃん!!!

(事故当初では開示によって)国民がパニックになる懸念

なに?事故当初情報開示したら国民がパニックになる!!!?
国民バカにし過ぎ!!!
何言っているんだよ!隠すって事はパニックなる位酷いんでしょ!!
あたりまえじゃんパニックになっても逃げて生き延びようとするのが普通!むしろどんな事になるか知っている政府はパニックなってもすぐに逃げろ!と言うべきだっただろ!!チェルノブイリの教訓まったく生きていないな。

事故直後から文科省や経済産業省原子力安全・保安院、原子力安全委が別々にモニタリングデータから放射性物質の量を逆算し、飛散状況を予測していた。なかには原子炉の中の放射性物質がすべて放出されたと想定した結果もある

おいおい!!それで、どれだけの人が逃げずに被爆してしまったんだよ。10年後あの地方の人だけじゃなくて、日本中爆発的にガンが増えるぞ!!その責任はどうすんだよ!!


それを認めていた政府=管政権の責任にするのか。

枝野や管はズブの素人じゃないか!ブレーン!何やってる!!って良いブレーンがいないからこうなったんだろうな。
管は東工大だから結構知っていると言っていたそうだが,専門じゃないだろうから確実に素人でしょ。


これは確実に原子力素人の政治家じゃなくて文科省や経済産業省の役人や御用学者と東電がクソなんだな。何そんな大事な事隠しているんだよ!!!この隠蔽癖どうにかなんないのか!!!!さすが隠蔽だらけの自民時代の官僚の受け皿会社だな!
もし隠せたら隠し通して責任逃れをしようとしていたのモロばれ!自民時代の政治家や政府に感じた苛立ちや憤りを感じる。

それから民主の中にも自民崩れでゆくゆくは東電顧問なんて狙っているやつがいるから政府も内部分裂して弱腰なんじゃないの、って思わずにはいられないな。

さすがに民主派のおれも今回の対応の悪さはいただけないが、正直誰がトップでも今回の災害では上手く立ち回れはしなかったでしょう。むしろ自民のままだったら、、責任はすべて天災に付けていたはず。そんなのより民主で百倍良かったんじゃないの!
昨日の予算委員会での枝野が!!!

官房長官、東電賠償「上限は無い」 参院予算委 

「原発が津波で事故に陥る可能性は指摘されており、地震も過去に人類が経験した規模だ」と指摘した。そのうえで東京電力の賠償負担について「上限は無い」と明言した。


政府は正式に東電の人災を認めた!!すごいぞ管!!政府からのこの言葉を待っていた!!
こういう事はほとぼりが冷めるまで言葉を濁しておくのが今までの政府だったが!!!


さあ大変だな!!また今まで以上に管内閣を東電の息がかかった政治家や企業やメディア全てが叩たきはじめるぞ!!

がんばってほしい!おれは管好きだからまだ見守っている!
それが間違っていても、伊勢早湾だってダムだって民意側について動いてくれたと思っている。ダムに関しては、ほらこんな時ダムがあれば電気供給がスムーズにいくのに!なんて言う人もいるが、あん時だれが今こんな大災害がくるなんて分かっていたのか問いただしたい。よしんば、もし作っていたら,結果は作ってあってよかったって事になるが,結果オーライを狙うのが政治じゃないんじゃないの。


怒って書いているので支離滅裂な文章になってしまいましたが、このままでであげます。

2011年5月1日日曜日

雑誌 週刊金曜日

http://www.kinyobi.co.jp/


うちの顧客さんにフランス人の大学教授と日本人の大学教授で作家のご夫婦がいらっしゃいますが、昔からよくおしゃべりの中に出て来る雑誌がありました。それがこの週刊金曜日という独立系メディアの雑誌でした。






昨日、そのお二人がお店に顔を出されたのですが、渋谷でのデモに夫婦で参加した帰りと聞き、自分では分からないデモに関する意見を市民運動がさかんで原発先進国であるフランスの識者から聞きたく、ねほりはほり聞いてみた所。もっと知らないといけない事が沢山あるからよかったらこういう雑誌を読んでみたらと言われましたので、先ほど買って帰って来てきました。


正直デモは反対ではありませんが、これ以上の盛り上がりは日本では望めないのかもな〜、と思っていました。
それは、原子力でまかなっているであろう30%の電力が無くなると、生活、経済も衰退しまう恐れを感じ,電力が無くなれば困るのは結局自分達だからと結論づけ、おのずと自分らの首を絞めるデモしても意味はないと捉える人が多く、これ以上の盛り上がりは期待できないのではと思っていました。


しかし、この雑誌を読んでいるうちに、

原子力でまかなっている30%の電力がなくなると大停電が起るが嘘だったら、、、、


計画停電すら、実は「大停電になるぞ〜!」と人々に恐怖を植え付ける東電の計画の一部で、「だから絶対原発が必要」という一般人へのマインドコントロールだったら、、、、


と思えて来ました。


実際はあの時火力水力で十分電力はまかなえていたという数字もあるそうです。
計画停電なんてしなくても大丈夫だったらしいです。
(週刊金曜日3/25号 広瀬隆 「原発依存」より)




以前自分、震災後の世論調査で50%以上の人がこの惨事のさなかですら原発がなくならないほうがいいと思っている人がいるとなった人々の意識を疑問視していましたが、なぜそうなっているのかやっと分かりかけてきました。
恐怖政治のように東電、政府、メディアがこぞって反原発に動かないように恐怖で市民を押さえ込もうとしているのではないでしょうか。


最近原発関連の報道が少なくなってもう既に原発への恐怖を忘れつつある事すら東電とメディアが情報操作で「もう大丈夫」感を出して、事故の事を忘れさそうとしている東電側の意図じゃないかと思えてしょうがありません。


今沢山の原発関連の雑誌、本が出ています。結構書店では目につく所に並べてあるのに、そこで本を手に取る人の少なさは、、、、日本人の危機意識の欠如を感じますね。現に今日今までそのフランス人夫婦と会話しなければ、その話しで出て来た雑誌を買って帰って読まなければ、自分も原発は後は時が解決してくれんじゃね?じゃあデモやってもね〜、意味ないんじゃね?なんて思って危機意識なんて完全に欠如気味でしたが、なにもまだ終わってないんですね。いや終わらせてはいけないんですね。


デモも大きくなればなるほど、一人でも多くの一般市民の意識を目覚めさせる為には有用ではないでしょうか。それでせめてフランスのように電気事業に国が加わり独裁的な電力供給を改めなさせる力の一部になってくれればと思います。
たぶんそれを政治主導でやらせるのは無理でしょうし、ただ指をくわえて待っていたら、また新しく「今度は絶対大丈夫だから」と言う御用聞きの偉い学者さん雇って新しい原発を作っちゃうんじゃないかと思えてなりません。そこに新たな金の流れが生まれますから。。


こういう難しい雑誌は今まで毛嫌いしていましたが、ちゃんと読まないといけませんね。何が正しくて,何が間違っているか自分はある一方からの情報だけで全てを判断しているんだなとつくづく思いましたね。この雑誌ですら100%正しいかどうかも自分では判断する知識は持っていませんので、もっといろいろ情報を集めて勉強していかないといけないなと思いました。