2015年7月28日火曜日

早朝より整備開始!

朝2時間だけ時間がありましたので、結果ここまできました。



あとリヤフェンダーを切って、もう一つのウインカーを作るれば、一応第一次カスタム完成。リアサスペンションも延ばす予定(ショックは入手済み)でしたが、フロント5cm伸ばして立てたら、あれ、バランス良いじゃん!って一応それは保留になりました。

これじゃノーマル風でどこいじったか解らない。もちろんこのバイクが好きな人にはわかるでしょうが、カスタム感ゼロスタイルがコンセプト。持ち主のうちの次男がノーマルが大好き。
普通このバイクをいじる人はウインカー、ライト、マフラー、メーターが定番。それをあえていじらずノーマルで残すのがこだわり。w
長男もこれと同じのを乗ってましたが、まず3種の神器からいじってました!!w

長男のTR


で、もう一つのウインカー用のパーツ見つけました。子供が小さい頃使っていた自転車のライト。もう壊れてほっとかれたのをJUNK自転車パーツの山の中からみつけました。


山は超えました。

次回は完成をご報告できると思います。

それでは、、、

2015年7月27日月曜日

まだやってます250TRフロントフォーク整備

え〜まだやってます。つか週に1回だけ数時間しか時間がないのでしょうがないです。
今回はちょっと時間が使えるので、完成までいきたかった!!
でもフロントフォークを仮で組付けまでで日没〜終了。
あと3時間位あれば、、、フロント完成までいけたのに!!!

実は、、フロントフォークのインナーを前に買っておいたZZR250用のがどうも錆びが残っているのが気になるので、またまたZZR250用のフォーク一式をヤフオクで落とし来ちゃいました!今度は3000円!!!やす〜〜!!で届いたら、今度はインナーにほぼ錆無し!2000番のヤスリあてたらもうピカピカ!!やった〜!!やった=!!



これで心置きなく組めます。で今日朝からフォーク2本組んでいました。フォークオイルの量とかもう完璧!!!動作もスム〜ズ!やればできる物ですね。
つか、250TRオーナーさんでフォーク曲がっちゃった人にもう一度言います。品番は違うかもしれませんが、ZZR250と250TRのフォークのインナーは全く同じ物です。流用できます!!250TRの売り主フォーク高過ぎ、足元見過ぎ!これが広まればかなり値落ちするでしょうね。あはは!!w
フォークアウターは今回使いませんでしたが、数値的にはほぼ同じ感じなので使えそうです。キャリパーの角度高さ、ネジの間隔すべて同じでした。違いは中のスプリングのレートとZZRの方にはボトムにドレンが付いているので頻繁にオイル交換したい人にはこっちの方がいいかもです。自分もそれを考えましたが色塗るのがおっくうなのでTR純正を使いました。で当初 中のバネをZZR用を使う予定でしたが、仮で組んだらちょっと固そう。今回フォークを伸ばすので、そのうえ固くなったらちょっと乗りづらくなるかもと今回はノーマルスプリングを入れました。

それでやっと次の作業のウインカーにも着手できました。
ノーマルウインカーをハンドルバーに取り付けられる様に加工。
自転車のライト用のクランプを折れたウインカーにアチこっち削って取り付けてみましたら、、、


いい感じ!!これ最高!! で〜〜も!! このクランプ一個しか持っていない。
なのでちょっとお出かけで自転車屋さん巡り、、、ない!ない!!な〜い!!もうこういうクランプ近くじゃ売ってない!う〜〜〜〜ん またまた頓挫!もう一個探すか、うちにあるかもしれないので、それを壊して使うか。さ〜て悩みどころ。

で、この後フォークの組み付けをしに行くのですが、日没がきてしまい、青空整備は終了。
道程はもうかなり来ました。あとちょっとで完成、来週にはお披露目が出来ると思います。

それでは、、、、、

2015年7月19日日曜日

カワサキ250TR フロンフォーク整備

このところ色々ありまして、せっかくパーツも届いているのに作業ができませんでした。
まずは分解なのですが、フロントフォークなんてプロがいじる部分。全てが初めて物語り。
ネットに色々書き込まれているので詳しい方法等はここでは割愛します。

ただ、やっぱ色々工具が必要でして持っていなかった工具のご紹介だけ。
アクスル分解の為の12mm 六角(六画のソケットセットの12mmが入っているのをもともと買っていればよかったです) 800円
インナー分解の為に 24mm 六角(アストロ工具のバイクのアクスル分解工具セット)1600円
8mmの六角のロングタイプ800円
上記の3点だけは買って来ました。

結局思ったより簡単に2セット、4本分解できました。ただちょっと注意事項があります。分解中これで十分オイルは捨て切ったと思ってもかなり残っていて結構完全に分解するまで汚れたオイルが出て来るのを気をつけましょう。






詳しく調べたらて元付いていた1本はやっぱり完全にアウトでした。真ん中でやく5mm曲がってました。補修用に買ったZZR250のフォークはサイズ他すべてぴったり。250TRのフォークお探しのみなさん!!流用品が見つかりましたよ〜!!
しかし、そのZZRのがあまり綺麗じゃない、点さびを落とせると思っていたのですが、、完全には無理でした。でもまあそれでもオイル漏れとかは無かったフォーク、多分大丈夫でしょう1本はそちらを使う事にします。

あと、、、中のスプリングが違っていたんですよ!!おくさん!!w


ZZRは上下でバネの間隔が違うタイプでTRは全部同じ間隔でした。多分上下違う方が高級でしょう!!多分!!だって作るのに金かかるはずですし!!!

長さは全く同じなので、組付けは高級のバネを使う事にします。
これで多分ボトムで粘るはず!!
それが本当はどう影響するかは分かってませんが。言ってみたかっただけです。w

今日はここまでの作業でした。次回は組み立て組み付けまで行けたらと思っています。

2015年7月14日火曜日

UKから期待度満点の新レーベル始動!! リリース第一弾はオブスキュア・ブギー、BOURBON & MAXXをオフィシャル・リイシュー!
すごい1枚が復刻! ニュージャージーの超マイナー・グループ、BOURBON & MAXXが81年に自主と思われるレーベル、ESSCOREから極少数のみプレスした、極上のブギーが復刻!!! 10分を超えるものすごい迫力とグルーヴのある1曲です。A面にはその10分超えのオリジナル・バージョンを丸っと収録!! そしてB面にはMADDISCOによるエディット・バージョンを収録! こちらも最高! 非常に期待度の高いレーベルがスタートしました!





だそうです、、、しかし、、、、聞きましたが、、、、、かっこいいです、いえ本当に!!

でも、、、

当時少数プレスでお蔵入り痛んだろうなって意味も分かります。正直この位の楽曲けっこうありました。今更出してくる意味は??単に販売枚数が少ないから???それがレア??

当時のマイナー な曲をありがたがる意味が分かりません。マイナーな曲でもいい曲もあるでしょうが、ほとんどが当時売れなかったのは売れない理由があるからで。ビジネス的に 問題があったからならまだ期待はできますが、、、、、曲が、???、、、というのがほとんどだと思います。この曲悪くないです。演奏も上手いんだけど、まったくキャッチーな部分がないんだな〜。10分を頑張って聞く曲でした。当時出ていても買わなかった曲ですね。81年と言えば、世の中でこの手の音楽は一部のマニア以外必要としてなかった気がします。

TOP100に入って る曲は聞き飽きちゃうので、もっとマイナーなのが なんかマニアックでかっこいいんでしょけど、、単に売れなかった曲をありがたがるのはいかがなものじゃないですか ね〜。
あれれ、、またまたお年寄りの愚痴に突入ですので、興味を引かなければ飛ばして下さい。

例えばの話しですが、
1978年の大ヒットに、ファンかデリックのワンネーションアン ダーザグルーブ問い迂曲があります。早くから再発が出ていたのでオリジナルにこだわらなければ手に入れ易いレコード、CD。https://www.youtube.com/embed/GYpbG1ThpH4 

この曲を買いかどうかといえば、聞いていいな〜なら絶対買い。でも90年代流行り始めたJAZZFUNK、レアグルーブから音楽を聞き始めた人なら、いいな〜にならないかもしれないので、買いじゃないと思います。

どっちが良い悪いではありません。おれならこっち、おれはそっちでOKだと思います。
ただ、ビ ンテージの音楽を再発見して今の世に送り出すなんてのもDJの大事な役目の一つ。でもそれを拡大解釈してビンテージはどれもかっこいい!!と言うのは、違うで しょう!ってなる気がするんです。

で、、その大事な指標となる自分のセンスはどこから来るか、、、

これが大事でどうしても若い人に伝えたい。

それは、やっぱり、「今」を聞く事だと思っています。音楽をリアルタイムで聞く事によっていろんな事が分かるきがします。その今を聞くのは今しかできません。古い音楽を今聞いても明日聞いてももうリアルタイムにはもうなりません。

 よく曲のレビューで「まるで未来を予知していたかのようなグルーブ!今だから、曲 の良さが分かる!」(さあ買え!w) なんてありますよね。でもね〜。それ昔聞いてたけどね〜売れなかっんだよね〜。だって飽きるじゃんこの曲!!ってのが多々ありま した。

売る為にはディーラーはかわいいウソもつけます。そのウソを見抜くにはリアルタイムに音楽を聴いて、世の中の反応も合わせて曲につめこんでおいてください。

今の音楽を今聞く、生きている今だからこそのチャンス!は一回きりなのです。

今を生きましょう!! 

以上おじいさんの愚痴でした。w

それでは、、、 

2015年7月9日木曜日

フロントフォーク延長

こかした250TRの修理からのカスタム開始いたします。
こかして壊れた部分は前回でほぼ治りましたが、最後に残ったフロントフォークのオイル漏れを直すと同時にせっかくフォークをばらすなら、ついでに延長してVMX風に持って行こうという計画です。

今の所計画は6点、
フロントフォーク延長、
フロンフェンダー延長、
リヤフェンダーショート化、
リヤショック延長、
ウインカー移設、
テールライト変更以上です。

このうちフロントフェンダーは既に購入済み(KLX用をカットして使用)リヤショックも購入済み(ホンダシルクロード用)、リヤフェンダーはあるものを使用して外してカット、これは前後車高を上げてから雰囲気を見ながら、長さを調整予定。そしてその長さからテールライトの形状を決めようと思ってます。それからウインカーは今ある大きな物をそのまま使用しますが、じつは一個折れてしまっているので、折れた所からハンドルクランプを付けてハンドルに移設致します。古いオフロードのバイクにそんなのがあった記憶から当たってくだけろ計画です。
そして最後にフロントフォークのシール交換と同時に延長キット組み込み。
シールキットは購入済みで延長キットを探していたのですが、あっても高い!15K位。なのですが良い人が見つかりましてワンオフでジュラルミンで削り出してくれて送料入れても7K!!半額以下!!ならばとお願いして本日届きました!!

さて今週末の比較的時間のある時に修理組み付けをする予定です。

最後にここまでの出費を計算してみましょう。
マフラー5000円
マフラー改造用ネジ250円
タンク7000円
ハンドル1500円
リヤショック2000円
シールキット2500円
オイル1000円
フェンダー100円
そして延長キット7000円
合計26350円
これに、テールライトが当たりをつけているのが、2000円位、あとウインカーのハンドルクランプは余っている金属板から自分で作るので0円。n
トータル28350円を計画しています。
これでどうなるかお楽しみに!!! ハーレーだとウインカーの交換だけでこの位かかりますね。チープな改造で最大の効果を生むマジック!!www





これがどう変わるのか乞うご期待!って期待しているのは自分だけなのでしょうけど!!www