2016年10月31日月曜日

MOVIE ”A band called DEATH"

昨夜バンド映画A band called deathを観ました
おどろおどろしい題名の映画ですが、Deathというプレパンク時代の超レアな黒人パンクバンドのドキュメンタリー映画です。


数年前にこのBlogでもこの映画を観た事を書きましたが、今回字幕版を観てちゃんと深い所まで理解できましたので、追加で書かせていただきます。

 音楽自体 音楽を通してその時代のヴァイブや熱意、センスを感じる事はできますが、その裏に隠れた演者達の思いまでは遠く離れた日本の自分などの末端のリスナーまではなかなか届きづらいものですね。
しかしこのところ増えている音楽演者自体出演の懐古映画的ドキュメンタリーフィルムが遠く離れ言葉も違う文化も違う自分らに色々と伝えてくれる素晴らしい作品となっているものが多くみられます。こんな背景があったのか〜、知らなかった〜!となったり、その演者達の人生模様に心射たれたりで演奏者達の深い思いが伝わりより音楽を楽しむ事ができるようになったと思います。

いままで公開された音楽系映画でちょっと前にこのBlogでも触れた、NAS、スヌープ、アレステッドデペッロップメント、NWA、2PAC、ビギー、などのHIPHOP系ムービー、アンビルやツィステッドシスターズ、ニルバーナ、ジャーニーなどのロック系も然り、 古くはグレンミラー物語、バードなどのJAZZ系などなど言い出したらきりがないですが、そうそう!忘れてならないのは昔子供の頃日本にバンドがそうそう来日しなかった時代開かれたバンドのライブ映像のコンサートホールでのウドーの上映会でみたレッドツェッペリンのライブも最高でしたね。
まあどれも素晴らしく それにより 音楽をより楽しむ事ができるようになった事は確かですね。
 現代、世界がネットワークで一つに繋がった時代でもその国、その地域やコミュニティーにいないと知らない分らない事はまだまだ沢山ありますよね。
しかしこうして音楽の裏にあるストーリーをひも解いていてくれる映画はその国やその人達のそばにいないと分らない部分まで伝わってきて自分にとっては鑑賞の2時間だけではなくその後ずっと音楽を聴く時に、音楽を音だけ聴くのではなく記憶の中から映像、そしてそれに携わったである周りの人々空気まで感じられてる感性の引き出しの一つとして心から揺さぶられる、、言い表しずらいのですが、、「何か」になります。

そして今ネット配信されているA Band Called Deathはまた一つ面白いストーリーを観るものに伝えてくれています。

音楽業界でトップに立つには風を見て流れに乗る事はとても大事だと思います。風に乗る為には信念を曲げるのは当たり前で、たとえ上手く風に乗ったとしても風見鶏として風に身をまかせつつ自分の芯に流れる信念との折り合いとの葛藤などがあるなんて話はよく聞きますよね。そしてそれが映画や小説など物語になる事が多いと思います。
逆に信念の為風に乗る事を拒んだという話しはその後は落ちぶれ消えて行くだけの事として描かれる事が常ではないかと思います。。
 そしてその落ちぶれた後に復活するなんて話は以前の映画か小説ではあったと思いますが、今ではあまりに陳腐すぎてもう現実としてはありえない事であまり書かれたり作られたりはしなくなっていると思います。
しかし今となっては陳腐な出来事なのに、現代の新しいネットワーク時代だからこそ起こりえる出来事として新鮮な切り口で復活した バンドが存在していたのが映画のバンドDeathでした。今の時代だからこそなり得る復活劇で、今はそうだよ〜!今こそ消された歴史にこそ日が当たる絶好の機会だよ!!だからかっこいいんだよ!!と、納得しまくってしまいました。w
熱い信念を持ったが故に消えていったバンド、レコードコレクター、親の時代と子供の時代、インターネット、SNSが織りなす新しい復活劇として本当に面白い映画でした。
ただの懐古映画ではなく現在進行形でもあるいようなのでそこも面白さを感じますね。

PUNKは今まで聴きませんでしたが、この映画を通して触れたPUNKに今再認識しています。チャンスがあればもっと聴いてみたいとも思っています。



淀川さんじゃないけど、、、映画ってほんと良いものですね!
それでは、、、、

2016年10月17日月曜日

2016 MOTO GP モテギ行ってきました。

今年もMOTO GP行ってきました。
今年はいい天気で最高のレース日和でした。


例年はメインスタンド(ビクトリースタンド)に陣取るのですが、今年は去年から始まったROSSI席(特定のライダーを応援する人の席)で応援して来ました。
ROSSI席は観戦のベストポイントの一つダウンヒルストトレートからの90度コーナーで、300Km/hから70km/hに極端にスピード落としてからのキツイコーナーで、ここは幾度もバトルを繰り返すとても重要なコーナーの前でメインスタンドからとはまた違う楽しい席でした。


朝早く到着し早速席を確認し、フラフラすると各オートバイ関係のメーカーがそれぞれ趣向をこらしたブースを出店してるのですが、やはりホンダとスズキのバイクブースで最大角度でコーナーを回る角度(60度)に倒されたバイクにまたがるのが人気でしたね。
あまりの人が並んでいるので、見るだけにしましたが、あの角度はほとんど倒れているのと同じですね。ほんと今のレーサーって凄過ぎです。



まあそんなこんなで一通りぐる〜っと遊んで席に戻るとMOTO 3が始まり、案の定目の前のコーナーでの一瞬の隙をみて入り込むバトルを堪能できました。ここの席は面白いです、メインスタンド前のトップスピードでかけ抜かるライダー達もかっこいいのですが、ハードブレーキングしてからのぺったんコーナーリングも最高!!でした。
また目の前に海外映像を流す大型ビジョンも設置されているのレース内容も把握でき、コース全体では端っこですがレース好きにも満足でしょうから、ここがロッシ席になるのも分ります。

細かいレース内容は動画等色々な所で見れるので割愛します。

MOTO3 
 バトルにバトルを重ね遂に尾野くんが3位で表彰台に!!まだはにかみながらの感じで手を振っていたのが可愛い!!!



MOTO2 
 ハードブレーキングしながらコーナーに飛び込む中上くん


本当こちらもバトルにバトルを繰り広げた中上くんでしたが、最後に抜かれ4位で終了。


残念ながら最後に抜かれ4位になってしまったが、ファンサービスはちゃんとしてくれて好感触ですね。

目の前のコーナーで有名なコースマーシャル達の旗パフォーマンス!!日本のお家芸!!それに答える中上くん。毎年彼らを映像で見ていたがここにいたのか〜!!すげー楽しい!!www ちょうどうちらの席の下に国際映像のカメラがあったので、動画を期待していたら早速上がってました。丁度うちらの席の辺りのシーンです。途中黄色い旗を振る観客席がうつのですがそこにいました。

video



MOTO GP   

激闘するマルケス、ロレンツォ、ロッシ!あの60近いバンク角で抜けて行く各ライダー達!!ほとんど身体全部を落とし片足で引っかかっているみたいに見えるまるでロデオのようなかっこでコーナー終わりからスロットルオンでフロントが上がるのをコントロールしつつフルスロットルをくれる姿がすごくかっこいい〜〜!!


レース中ロッシ席はロッシが来るとそれは凄い盛り上がり!!!旗でロッシなんか見えやしない!!www 楽しいがちょっと悲しい!!www

video

この後ロッシ席はロッシが倒れ壊れたバイクを乗り換えようとしたのにそれをメカニックが抑え、ロッシがヘルメットを脱いだ映像が流れた後の落胆はお通夜以上の静けさになりました。どんな形でももう一度くるロッシを見たかったですね。


ロッシ、ロレンツォとも倒れ、独走するマルケス。


コーナー手前の超ハードブレーキング!!まるでハング5!(自転車技で前輪だけで乗る技)リヤは浮いてる!!!そこからテールを流しクルッと向きを変えるマルケスはやっぱり天才!!凄過ぎ!!!300Km/hからこんな事するってGPレーサーって気違いだな!!w

そして2016年度総合チャンピオンを獲得したマルケスをここ一番で激励するマーシャル達はより一層激しく踊る!!そしてそれに答えるマルケス。このシーンは楽しかった!!!



ここのシーンもMOTOGPオフィシャルの動画がアップされてました。そちらをどうぞ

video



来年はロッシの最後の年になるかもしれません。来年こそここで集うロッシファンと一緒に優勝をわかち合いたいとおもいましたね。

ロッシは残念でしたが、MOTO GP MOTEGI自体はとても楽しめました。ただまだ自分のバイクでは現地入りしていないので、来年は土日で自分のバイクで行きたいものです。

最後に自分は4時過ぎには帰宅の路についていましたが、うちの長男はゆっくりしていたようでコースに入ってみて来たそうです。
その様子ですが、スターティンググリッド前ですね。いいな〜。


それでは、、、、

2016年10月2日日曜日

日本のアメリカ秩父に行って来ました。

日本のアメリカ  秩父で行われる     バイカーイベントにお呼ばれされていきました。

ここはどこ?アメリカ!!と思える最高のロケーション。アメリカのバイクが好きな人にもってこいな場所です。





去年もお呼ばれされてましたが、バイカーイベントですがバイク不調で去年はバイクで行けず。今年もバッテリー上がりで行けずでしたが、かっこいいイベントとても楽しみにしていました。お誘いいただいた高円寺のカリスマことNAILのタクさんに感謝します。来年はバイク行けるようにします。


アメリカですから、肉は巨大です!!www

行きの途中でシュローダー君みたいな子に会いました。www