2016年5月13日金曜日

Reincarnation

2年位前に公開されたSnoop Lion の「Reincarnated」を昨日また観ました。




当時 英語版で観たので内容半分でしたし、Gangsta以降のHipHopへの興味はあまりないままで観たので、内容半分どころかただSnoopが葉っぱ吸って旅をした映画として観てしまっていました。
が、今回、映画 Straight Outta Compton を観てから始まった意識改革の中で観たこのReincarnatedは素晴らしかった。特に2パックを触れた辺りがすごくいい。良いというのは変ですが、すごくSnoopの人となりが分かって人間Snoopがより好きになりました。
自分HipHopファンションに身を包み、頭の中はHipHop、口から出るライムは世界を走る、という人間ではない普通のかっこしたただFunkと乗り物が好きなおじいさんですが、HipHopの文化の端っこに触れられて感動しました。

前回HipHopムービーはこう観るといいんじゃないブログを書きましたが。
http://dhopapa.blogspot.jp/2016/01/hiphop-movie.html
この最後にこの「Reincarnated」を付け加えて欲しいと思います。

Gangsta HipHopが描き引き連れていた世界がいかに不毛だったか。そして一度崩れた世に再び平和をもたらすにも血が流れるのを止める事はもうだれもできないのかもしれません。しかしその不安と絶望から立ち直るには一人一人の意識の変革以外無いのではないかと映画で呼びかけられた思いです。

この映画のサントラにあり、映画の中でも印象的なシーンのSnoopのWifeと娘との一曲が心に刺さります。




それでは、、LOVE and PEACE !

2016年5月7日土曜日

超金持ち

わお!金持ちってこれだ!

やっぱレベル違い過ぎ!!天皇家!!w






ここを当初家として使おうとしていたらしい!? 一部屋が100㎡以上で250部屋以上!w すごいな〜。

本日赤坂迎賓館の一般公開に参加してきました。
ベルサイユ宮殿などと趣きはちがうがこちらもかなりすごい!!
これを家として使う予定で建築したと聞いて、やっぱ本物のセレブはちがいますね〜!!w
ゴージャスすぎずシンプルですごく気持ちのいい空間でした。
中は写真撮影禁止なので一枚も写真はありませんが、アジアの富豪たる趣きのある豪華さで来るものを魅了します。ヨーロッパの伝統と日本の美が融合された装飾の室内は素晴らしい。是非住んでみたいものです。www

そして、裏庭がまたいい。


素晴らしい噴水と白亜の宮殿。都会の喧噪を忘れる空間です。外から全く見えない場所なので初めてしりました。こっち側の方がいい。




木々に囲まれまったく視界に街が入って来なくて、ここはまるでヨーロッパのよう、でも少し違う。アジアらしいセンスで作られています。
神社仏閣もすばらしい日本の宝ですが、この和洋折衷の宮殿も日本の宝ですね。
素晴らしいもの見せてもらいました。

ただ期待していた、ルネラリック作の扉のような物がなく、、、??あれ?
あれは迎賓館じゃなかったのかな?
自分が間違えて記憶していたのか、そこがちょっと残念でした。

今日はいい天気だったというのもあるかもしれませんが、本当に素晴らしい場所でした。

それでは、、、、

2016年5月1日日曜日

東京ディスコ伝説

その昔、NHKで放映された番組 東京ディスコ伝説 がヨウツベにあがってました。
東京のディスコの流れを当時の人から話しを聞く番組。

自分はDVDとして持っていたのですが、回りの人にお見せする機会がなかったので
ちょうどよかったです。若い人で少しでも興味がある人は是非観て損はない特集です。

日本においてブルーズからロックからハードロック、メタルやパンクに繋がる流れと、
ブルーズからソウルを経てディスコ、ハウス、ヒップホップに繋がるこの大きな2本の音楽の流れの一本の歴史で、
とても重要な役割を果たしたディスコを垣間みられます。
自分も知らなかった60年代〜70年代中期のディスコシーンをとても貴重なアーカイブで紹介されています。

ちなみにこの番組の中でトーキングDJをしているのは、大好きな大御所DJテリーオオノさん。
いつも行くイベントの一つがこのテリーさんのイベント、大御所なのに腰の低い本当の音楽好きな尊敬できる人。
レコードアーカイブの引き出しの多さはこの人の右に出る人を見た事ありません。

是非に、、




1980年一番遊んでいた18歳の頃の私。場所はスクエアビル6F 毎晩ここにいました。
動画の最初でエレベーターが外から見えるビルがそのビルです。車をやっと手に入れて波乗りと夜遊びが命の頃です。www 


しかし今振り返ってみると、自分は17歳位から21歳位まで六本木で遊んでいましたが、実際に熱く通っていたのは
18〜19歳の2年程度ですね。この頃の1年って本当に濃い1年だったんですね。みなさんも熱い1年ってありますよね。
もう帰らない戻れない年月ですが、まだ情熱は残っていて、夜遊びは進行中です。
三つ子の魂百までですね。www