2017年9月16日土曜日

旅の支度 Harley編6 も!燃えてる〜!!

前回手に入れたシーシーバーを装着いたしました。



ん〜〜〜ん最高!ぴったりです。

さて、後はウインカーです。

そこでついでにいろいろ配線みていたら、、、、、!!ん!!煙????

なんてことでしょう!!!ウインカーイコライザーから煙がでているじゃないです
か〜〜〜!!!



触ったらあつ〜〜〜!燃えてる〜〜!!急いでバッテリーを外して配線を切りました。
どおりで仮配線してもウインカー点かなかったんだ〜〜〜。

わお!!弱り目に祟り目!!まあただの抵抗が20年近くがんばってくれたのだから
しょうがないっちゃ〜しょうがない。旅の途中で燃えだしたよりはまし。
ポジテブにいきましょう!!ポジテブに!!ラッキー!w

でもこれでまた出金か〜。このパーツ安くないんだよな〜。
ICリレーなら数百円なのに、、、、
この年代のハーレーはウインカーシステムはモジュールに組み込まれているから。
また同じ抵抗を入れるしかない。こいつは一万円近いんです。あ〜あ

この旅仕様の変更でかなり散財で金が尽きましたね〜。
まあ約6万キロ乗ってきて車検や通常のオイルなどの消耗品を除くとほとんど中古や
貰い物でのカスタムでほとんど金かけてきませんでした。
でもこの程度の散財はハーレー乗りにとっては鼻くそ程度で笑われるでしょうがね。haha



そうそう、、前回付け忘れたS&Sステルスエアクリーナーを装着いたしました。
ノーマルじゃないのと思われますが、中身だけです。
せっかくカバーを作ったのですが、実際装着しましてそこいら辺を一回りしましたら
吸気音がうるさい!おじいさんは静かにバイクに乗りたいんです。なのでノーマル
カバーに付け替えました。これで雨でも大丈夫ですね。
カリフォルニアの天気ならエアクリーナー藻炉出しでも気にしないかもしれませんが
このジャパンという国は雨が多いのでフルカバーは必需品ですよね。ぽじてぶしんきんぐ!です。w

今回このエアクリーナーセットを入れた本当は壊れた訳でも性能が、、、って訳でも
ないのですが、この時代のハーレーのキャブレターってエアクリーナーサポート
と一体のパーツでキャブレターを装着するのですが、その素材がなんと〜なんと〜
ぷらすちっく!haha
だから20年なんて使っているとフナフナしてくる訳で、いつ2次エアーすっても
おかしくない状態でした。まあ実際は吸ってないのでかなり丈夫なんですけど。
知り合いのビルダーには変えた方が良いとずっと勧められていたので
今回が良い機会でした。自分のエボはチューンしてありかなり高性能なエンジン
(ワイセコピストンにハイカムなど入れてますが、ノーマルキャブに超静穏バッフル付き
デチューンマフラーと意味不明なチューン!www)なのですが、、、、
今回さらに高性能なエアクリーナー装着なので結果高性能になったのかというと、実際に
数値を計っていないので分かりませんが、乗ってみて、、、やっぱり分かりません。w
これを付ける事で空気の流入量は増えたので多分燃料は薄めの方になっているのかも
しれませんが、走ってアフターファヤーは全く出てないのでセッティングは合っている
でしょう。今まで使っていたノーマルエアクリーナーもちょい前に新品交換済みで
それでセッティング出してもらっているので、今回の交換でもあまり変わってない
ことならそんな性能の違いは??って事かもですね。ahaha
多分高速では流入速度がちがうと謳っているのでそこらで差が出て来るかもです。
それは今度高速に乗って様子を見てみます。

まあこれでキャブが落ちるという心配はなくなり安心を付けたという事ですね。

それでは、、、、、



2017年9月14日木曜日

旅の支度 Harley編 番外 95FXD ダイナスーパーグライド 流用規格章

このところの旅の支度で色々と今までカスタムして来たのをノーマルに戻す作業という
ことしています。もう既に22年前の車体なので、全く同じ車名でも規格が違って
95年の車体(92〜95まではほぼのなじらしい)に合うパーツがなかなか見つかり
ません。

そこでもし流用できるならかなり安くなる事も考えられるので、95年以前のダイナ
に乗る方に少しでも有用な情報が提供できればと思い今回探して安く手に入れられた
流用パーツをご紹介します。

シーシーバーですが、これが色々サイズがありましてタイヤが同じならフェンダーも同じ
サイズだろうからと思うと取り付け方法が違ってサイズが違う事も多いです。

自分のダイナはシーシーバーサポートがフェンダーとフェンダーストラットの間に入る
仕様のようですのでかなり狭いシーシーバーが必要になります。

昨日友人の持つショベルFX用シーシーバーを当ててみた所幅が違ってました。
聞く所によるとショベルはシーシーバーサポートをフェンダーストラットの外側に付ける
そうでそれで幅が自分のより若干(片側1cmづつ)広かったです。
また同じタイヤサイズでもエボのFXSTなどのソフテイル系もちょっと違います(広い)。
またダイナでも02以降が広いサイズです。

調べた所91〜01年のダイナ、94〜03年のXL、82〜94のFXRが同じサイズの
ようです。ただ純正と社外では違う場合もあるのでそれは調べてみて下さい。

今回手に入れたミニミニシーシーバーです。
サイズは下の写真の通り17cm 6.75inch です。



これはエボFXDC用のミニミニシーシーバーです。

現在ミニミニシーシーバーでこの幅はほとんど見つかりません。ローボーイ、
トールサイズは容易に見つかります。このサイズはアメリカでもかなり少数なので
日本ではかなり希少なサイズです。なので比較的見つかり易い中古が狙い目でしょう。

当初新品では見つからなかったので作ろうかと思いましたが、当時多くのFXDCが
このサイズのシーシーバーを付けていたのを思いだし中古で探しだしました。

たまたまなのかもしれませんが探し始めて翌翌日には手に入ってしまったので、ラッキーでした。

さて実はこれは普段用で手に入れたので、旅用ではもう少し長いローボーイかもっと
長めの長さを探しています。今回調べてサイズは分ったので、市場で流れている
他車両用の流用品を探そうと思っています。

また次回それを含めご紹介いたします。

それでは、、、、、





2017年9月9日土曜日

旅したく Harley編4

やっと晴れてそして作業時間が作れました。
3時間の自由時間でどこまで作業できるか!!


まず手順をバイク眺めながら考えてみます。フロントカウルをやるか。リヤ回りをやるか。

やっぱり手順の多いリヤ回りを先に手をつけます。


まずはフェンダーを外し備品を取り替え。


そしてフェンダーストラット、そしてショックをノーマルに戻す。


まだ本ちゃんではなく半分仮止めですが、ちゃんと予定していたサドルバック(まだサポートだけですが)取り付けできました。ノーマルショックで車高も上がりいい感じです。


しかし問題点も結構多かったので、すんなり完璧に取り付けがでたわけではありませんでした。
まずフェンダーストラットがダイナワイドグライド用なのですが、ほとんどスーパーグライドと同じだと思ってましたが、個体差なのか?微妙に穴の位置が違ってましてかなりタイトになっていたり、一カ所ボルトがハマらないところもありで、次回リューターで穴を広げないといけないでしょう。また思っていたのとちょっとちがってリヤウインカーがバックサポートと接触して付かない事が判明、外して後方にサポート作って移動させなければなりませんでした


イメージではパーフェクトでしたが、こんな事もありますね。
またリヤ回り全バラしで作業です。

しかし時間が来てしまいましたのでここで本日の作業は終了!!



次回ウインカーサポートを制作して、穴を削って合わせて。フロント回りの作業に突入ですね。さて残り一ヶ月、しかし自由時間はどれだけ作れるのでしょうか??間に合うのか??ちょっと焦ってきました。w

あ〜〜!!エアクリーナーすっかり忘れてました!!せっかく前回カバー作ったのに!!
あ〜〜あ、これも次回ですね。

それでは、、、また次回

2017年9月7日木曜日

旅の支度 Harley編 続き1

雨ですね〜。ガレージを持たない私は何もできません。
バイクは屋根付きと言えば屋根付きに停めているのですが、狭いので作業はそこではできません。なので外に引っ張りだしての作業になるので雨は天敵です!!
ったくもう!です。

なので昨日はうちでできる作業をしていました。

S&Sステルスエアクリーナー本体は手に入れたのですが、カバーがやたら高い!!
カバーだけでゆきちゃんが出ます。
なのでカバーをなにかうちにあるもので作れないかなと思案していました。

エアクリーナーの前のつくこの平たい板がゆきちゃんします。w

ステルスの意味はノーマルに見えるけど脱いだらすごいんです!って事なので、ノーマルのカバーを付けるのが基本でしょう。しかしノーマルのカバーを付ける人は少ないようです。
せっかくカスタムしても目立たないってのが目立ちたがり屋ばかりのハーレーライダーには受けないのでしょう。

自分も最初は何も付けないかノーマルのでかいカバーをつけようと思ってましたが、画像検索していてやっぱせっかくなのでフィルター見えるカバーがいいな〜って思うようなりまして、買おうか作れないかと考えていました。うちの中を物色していると元になる材料は昔友人のKJ君からもらったハイフロー用エアクリーナーカバーが出て来て、合わせてみるとなんかできそうって思えて来ました。

まずはだいたいの大きさに切り出す。


で、、、削って。はいできあがり〜。グラインダーがあれば簡単です。15分程度の作業でした。考えてる方がよっぽど長い!!DIY最高!!w


なんかS&Sのとはちょっとちがいますが、逆に〜!オリジナリティーがあってよし!
さてこれを車体に付けたいのですが、、、

雨はいつ止むのでしょうかね〜。。

それでは、、、また