2016年8月26日金曜日

FUNKの鬼!ラリーグラハム登場!!

本日ラリーグラハム&セントラルステーションのライブに行って来ました!!!

大のスラップ好きを豪語する自分wは行かないわけにはいきません。
だいぶ前に来日した時は子育てで行かれなかったので今回はガッチリと予定組んでポンギの夜に降り立ちました。

あの故プリンスが師と仰ぐ御仁。私ごときがすごい好きなんて言うのがおこがましい位のお方です。それはそれは期待で胸が膨らみました!!

いざ開演し、姿を見せるとするとまったく老けてません!!もう70越えたお年なのに、まったく老けてません。そして歳なんて吹っ飛ばす位のパワフルなステージ!!
いきなりのIt Ain't No Fun To Me!! もうブリブリのFUNK魂全開!!ぶっ飛びました!!



そしてSLYやFreddy Stoneの曲など取り混ぜ、またアコースティックでのFUNKBASSで乗り乗りで前半ステージを降りました。途中わざと歳を感じさせるパフォーマンス(というより本当に疲れたのでしょうけどw)で会場の気持ちを一つにする所なんかパフォーマーとしても超一流を感じさせます。
そしてアンコールで出て来てPOW!!(THE JAMだったけ??)でぶっ飛んだ所で天から一筋の降り注ぐライトを指差す仰ぎ見る彼にあのプリンスが降りて来たようなパープルレインからの1999でもう涙が止まりませんでした。

最後は会場のオーディエンスをステージにみんな上げて、SLYのI Want To Take You Higherでもう会場は一つの大きなFUNKの波にもまれてしまいました。
最高のステージ、最高のパフォーマンス、を見せてもらいました!!

楽しかった〜。

あのラリーグラハムが手の届く近さで演奏してくれたなんて!!!まだ興奮覚めやらずでこれを書いてます。

この感性を揺さぶられる高揚感はきっと彼らの属する宗教的な部分から来るエネルギーなんでしょう。黒人達がゴスペルで得る高揚感を体験させてもらったような気がします。幾度かゴスペルを聞きに教会に行った事がありますが、ここまでの高揚感は得られませんでした。自分にとって神はFUNKなのでしょう。

ありがとう!ラリー!!ありがとうプリンス!!素晴らしい音楽をありがとう!!

2016年8月16日火曜日

バイク車検

なんとバイクの車検が切れて半年過ぎてしまいました。
去年の暮れに乗って以来ず〜っと乗ってませんでした。
というのも最近ほとんどバイクに乗る時間がありません。
休みはかみさんとデートがデフォ。寒い冬は車で、暑い夏は車となります。
じゃ、春はというと荷物がある時は車ですよね。で、ほとんど荷物があるのが普通なので車で出動。なのでバイク乗る時間がまったくなくなっています。
しかし、バイクなど機械は動かさないと腐ります。この半年車検の事で常に悩んでいましたが、やっと、やっと半年ぶりに一人の時間ができてバイクを車検取る為にバイク屋さんに預けてきました。
いつもは川越のカリスマのいるホリデーガレージさんにお願いしていたのですが、今回車検が切れているので乗って持って行けないので近場のメイズモーターサイクルさんに預けてきました。

ここのオーナーの斉藤さんはバイク屋さんでドラッグレーサーでドラッグレースオーガナイザーでプロボクサーでプロミュージシャン。何足もわらじを履くマルチな才能のある方。
若いのに尊敬に値します。

今はまだまだ暑いので、涼しくなったらのんびりツーリングでも行ってこようかと思います。

それでは、、、、

2016年8月3日水曜日

フリコリセッティング

もう何度セッティングをやり直しているのでしょうか。
まず使っているフリーコースターのメーカー自体からのセッティング方法のアナウンスがない!!そして多くのショップも今イチパーフェクトなセッティング方法を知らない。ネットでもセッティング方法が見つからない。
なので試行錯誤しながらセッティング方法を独自に見つけてやっています。

今までも色々こちらでも書かせていただきましたが、最近の最後のセッティングした時にこれで大丈夫だと思っていたがまたダメでした。
普通に移動などで乗っている時、漕いで休んで漕いでを繰り返しますよね。その休んで漕いで所でハブの内部のひっかかりが緩むのかずれるのか、クランク角度で45度位ノッチが抜ける時が時々があります。ハブの左右のネジはしっかり締めているのですが、それでも抜けます。なので気をつけないとヘッドに膝をガッツリ当てて痛い目に遭いそうだったのです。w

で今回分解して構造を見ながら、ある事に気付き実践してみました。


まず自分が使っているハブは PURIMO FREEMIX HUBです。

ばらし方等はどこか探せばヨウツベや他人のブログにあるのでそちらでどうぞ。
で、バラすと中身はこうなります、
拾い画像で、じぶんのとはちょっとちがいますが、アクセルナットが自分のは
牝ボルトというところだけで他はほぼ同じです。

でいままで組み立てを幾度かやっていて失敗していた事はグリスは少ないよりは多い方が良い!ではなかったと言う事です。

グリスアップをほどほどにしなけらばならない所を見つけました。

ここです。このチンコの先みたいなギザギザ部分です。w こことこれが当たるシェルの部分に今まで結構たっぷりとグリスを塗って組み立てていました。
しかし、ここにあまりにもグリスが乗っているとコースターを稼働させ、再度踏み込んだ時滑るのか、ノッチでいえば2〜5ノッチずれるのです。多分この部分がハブシェルに食い付かずに滑るのだと思います。ここのギザギザの所のグリスを拭いて、この部分が当たるであろうシェルの方も余分なグリスを拭いて組み立てたところ、ガッチリと食い込んでくれるようになりました。

果たしてこれが本当に正解かどうかはわかりませんが、今までギヤが数段すっぽ抜けるような症状のためまともに乗れなかったのが、普通にこげる様になったので、多分正解でしょう。
ただ、、、2枚目の拾って来た画像でも同じ箇所を見ると、グリスが付いている様に見えますので、完全に油分を取る事はせず、ウエスで拭いて薄くグリスが付いている程度にしました。
これで乗ってみてまた結果をご報告します。

ほんとメーカーさん!!新しい商品はちゃんとHPでも整備の方法を載せてくださいよ〜。w

それでは、、、、