2015年1月28日水曜日

おろろ、出ちゃった!Charlie Wilson - Infectious (Audio) ft. Snoop Dogg

おろろ!!charly wilsonのニューアルバムが出ちゃった!! もう音楽ネタは終わりとおもったのですが、、、 またまたSnoop Doggといい感じのFunk。やっぱ最高!! 00以降のFunk集めて1時間位のセット組めないかな〜。 まだまだ隠れたのがあるかも、探してみようっと!!

2015年1月25日日曜日

ミュージックフェア ラスト Daft Punk - Get Lucky

さてこれを最後にします。

2014年の大ヒットなので誰もが知っていると思いますが、ナイルロジャースのギターがこれまたMTVで流れて来た時は飛びつきましたね。80sエレクトロファンクからの影響が見られるDuft Punkの中の金字塔でしょう。ファレルの歌とナイルジャースのギターを見事にまとめあげたこの楽曲はすばらしい。 80sFunkは消えてなかったんだな〜と思いましたね。おじいさんのおいらは素直にうれしかったです。 去年のグラミーのパフォーマンスもおじいさんには涙ものでした、、、




そして今年も80sFunkの流れを組むBluno marsのUptown Funkが流れています。この流れがまだ続く事を祈ります。

2015年1月24日土曜日

ミュージックフェア Snoop Dogg - Signs Ft. Charlie Wilson & Justin Timberlake ( Official Vid...

続き00年代です、、

2000年を過ぎた辺りまでにあまり新しい曲に興味は無くて、ずっと古い曲や子供達と楽しめるテレビで流れる漫画主題歌を聞いて過ごすのですが、この頃はかなりの頻度で古いFUNK BANDを招いてライブをやっていたの それはそれでかなり楽しめました。ただ80年代後期の渋谷ライブインでの怒濤のFUNKLIVEsにはかないませんが、歳をとっているのでのんびり構えて聞けるライブハウスで楽しめたのは良かったです。そのかわり高い金はむしり取られましたけど.w。 さてミレニアムを過ぎで気になったのは2004のSignsと言う曲です。 Justin TinberlakeとSnoop Doggとなんとcharlie wilsonが入っているではないですが。 なんの気無しに流していたMTVからあのcharlieの声が!!思わず見入ってしまいました! やっぱ好きですGAP BAND!すぐにCDを買って家でも車でもヘビーローテーションになりました。 この翌年かそこらでcharlie Willsonが来日して目の前でこの曲をやった時はしびれましたね〜!!60過ぎなのにチョー元気!これこそエンターテイナーなんだと気付かされました。 (それにこの時はご招待でただで見れたのも最高でした!www)



この頃は子供も小さく夜遊びは全くしていないのでどうしてもヒットチャートに乗って来ないとなかなか捕まえられなかったですが、ヒットチャート(もちろん洋楽のです)に乗って来る楽曲はやっぱり出来がいいですね。この後もほんと少ないですが、まだ気になっていた曲はあります。

それでは次回,,,,

2015年1月22日木曜日

ミュージックフェア Slapbak "We Come To Jam"

さて、続いて90年代に入ります。

70年代の初期ディスコといえば、白も黒も無く踊れるビートのある音楽が主流だった(らしい、たぶん、きっとw)
自分はレイト70から遊び出したのですが、箱によってはかかっていた音楽が随分違っていました。 しかしやはり多くが白も黒なくかかっていたと記憶しています。
当初は自分も五択に漏れず音がかかっていればそれで十分楽しかったのですが、80年代に入り気付くとよりビートの重い黒い音楽の方に惹かれ、チャラいビートを毛嫌いしていくようになっていました。しかし、、世の中はユーロ、UKビートばやりになり、、ハウスとなりと進んでいって しまい、自分の好きな黒い重いビートは絶滅危惧種に指定されそうでした。
前にも書きました、自分はその後ヨーロッパに渡りヨーロッパアシッドハウスやグランジロック等の色々は音楽の洗礼を受け正直音楽趣味は雑種の中の雑種になってしまうのですが、帰国後やっぱり黒い重いビートは忘れられず少ない情報の中で引っかかってくるのだけでも黒い重いビートを探していました。
そして最初に引っかかったのがこのバンド、SLAPBAK。90年代から活動を始めた若いバンド。しかし音はZAPP、P-FUNKに傾倒したドスグロFUNK。 もう最高で大好きなバンドです。
その中でもこれは外せない一曲 "WE COME TO JAM" どうぞ、、

2015年1月21日水曜日

ミュージックフェア Tuxedo - Number One

いきなりまた今年物に戻りますが、また新しいディスコブギーが発表された!!最近80sディスコブギーがシーンに戻って来て いるようで、おじいさんは超うれしい!!!
Tuxedo の Number One!! シャラマーか!!往年のソーラーサウンドに近い!!最高!!

SnoopのAint no funの元ネタが知りたかったが結局分からず自分らで作ってしまったらしい。
http://www.waxpoetics.jp/news/tuxedo_numberone/




2015年1月19日月曜日

ミュージックフェア Linda Blakely with Fatback Band

さて続いて80年代 

1994年に亡くなったLinda BlakelyのFatbackbandの中での遺作。
1983年のアルバム"is this the future?"からSpread Love。
彼女力強いヴォーカルが力を与えてくれるSlow Jam Funk。
心が折れそうな時この曲で力をもらいます。






2015年1月18日日曜日

ミュージックフェア L-O-V-E-U - Brass Construction (1977)

やばい2日間を無事過ごし切りました!!
個人的でそれも遊びなので、、バカじゃね〜!って思われるだけですが、、 52歳の冬にはきっつい2日間でした!!

エ^^っと簡単に言いますと、2夜連ちゃんでディスコイベント出席です。もちろん昼間は仕事有りです。

一日目仕事後、八重洲のクラブ、翌午前2時帰宅後 近場のバーでの追悼イベントに顔出し朝5時帰宅、5時半に子供起床させ、その後仕事、、昼まで外回り、、そして仕事抜け出し、2時間みっちりレコード堀、、そして別の仕事を済ませて、帰宅1時間仮眠し、今度はポンギのイベント、そして翌今日午前2時まで踊り狂い、3時帰宅、そして今10時仕事場にいます、、なぜか元気です。www

もしかしたらこの位動いていた方が調子良いのかも、、、w


それでは昨夜、かみさんがかかっていたこの曲なに?と聞いて来た曲です。 最高にかっこいいFunkチューン NYブルックリンのバンド、ブラスコンストラクションの77年のL-O-V-E-U

2015年1月16日金曜日

ミュージックフェア Mark Ronson ft Bluno Mars ”Uptown Funk"

自分最近バイクも乗らず、身体も壊れてきてスケート、BMXも少し休憩中ですので、唯一の楽しみは音楽です。
10代はロック、レイト10代からソウル、ファンクをこよなく愛して時間の許す限り音楽を聴いていました。13歳からギター、ベースで学園バンド遊びをはじめ、21歳の時DJセットを手に入れてからはクラブデビュー(西麻布のトゥールス バー)して週一で回していました。しかしその後日本を離れてからは音楽も離れてしまっていました。

日本にはレコードやDJセットは残したまんまだったのですが、帰国後子供達が大きくなるまでほとんど触りませんでしたね。しかし数年前から子供達も大きくなり洋楽を聞く様になってからちょっとづつまたレコード(ヴィニール)集めも再開し始めました。

しかし最近は本当便利、欲しい音源だけならほぼネットで見つかりますしね、わざわざ堀に行く事はほとんどしませんね。
でもやっぱり、、いくら音源は持っていてもヴィジュアル的にやっぱり自分の世代はレコジャケは欲しいですね〜。古くてボロボロのレコードよりネットの音の方が良い場合も多いですが、 やっぱり欲しいです。

ここ最近このブログで書く事が少ないので、ここからはBMX,スケート、バイクだけではなく好きな音楽も紹介していきたいと思っています。もちろんプロではない趣味の世界なのでそんなすごい事はなにも出て来ません。ただ今これが好きを日記的に書いていくだけです。w

第一弾はう〜〜ん、今流行っている曲の中でにします。

もちろん今超有名アーティストの超有名曲ですが、50過ぎのおじいさんの自分もこれは大好きで 今12inchが出てないか探している最中の曲です。おまわず踊り出すド直球!80sFunk!!イントロ聞いた瞬間、あれSKYY? Central line? ありがちなサンプリング?なんて思っちゃったがオリジナルだったかっこいい曲。ドストライクです!!

Mark Ronson ft Bluno Mars ”Uptown Funk"





こんな感じで自分は今この曲が気になるもちょっとづつ紹介していこうかと思っています。どっちかというと曲の紹介ではなく自分はこれが好きという自分のマスターベーションになるんでしょうね。すみませんお付き合い宜しくです。w

それでは次回、、、